コニ氏のブログを読むじゃんね!

Twitterに書けない、または書ききれない何かを書く場所です。基本ネタバレと主観全開な上、裏付けが適当なので信頼性皆無です。

田村ゆかり LOVE♡LIVE 2019 Twilight♡Chandelier 福岡公演 感想

 田村ゆかりさんの2019年ツアー Twilight♡Chandelier 福岡公演に参加しましたので感想を書いていきたいと思います。

 

この福岡公演が「LOVE♡LIVE」と銘打たれた公演の100公演目。というわけで、田村ゆかりさん、本当におめでとうございます。地元公演と100公演目の相乗効果で倍率かなり高かったみたいですが、運良く確保できて参加することができました。まあ僕もめちゃめちゃ来たかったしね。

 

ちなみに、予想通りというか案の定というか、セトリが他の会場より豪華な感じになっていました。まあ僕は福岡が初参加だったんで、事前に見たセトリの曖昧な記憶でしかわからなかったんですけど。僕はだいたいのツアーは先にセトリを見る主義です。どうせ当日はほとんど忘れてるので。

 

ここからはセットリストに沿って感想を書いていきます。

 

セットリスト

ex01 めろ~んのテーマ~ゆかり王国国歌~
ex02 fancy baby doll
01 聴こえないように♡
02 Darling Darling
03 好きだって言えなくて
04 Shining Rabbit
05 セルフィッシュ
06 ガラスの靴にMoonglow

映像企画(遺跡っぽいやつ)

07 花チル夜道
08 Traveling with a sheep
09 Closing tears
10 Libido zone
11 シレーヌの心音

映像企画(星座について:乙女座)

12 神様Rescue me!!(アコースティック)
13 レリーフのひとかけら(アコースティック)
14 you(アコースティック)

映像企画(Youtuber ちゅぱりん:泥団子)

15 Hello Again
16 チクチク
16 Sweet Trap

映像企画(Youtuber ちゅぱりん:触れる水を作ろう)

18 未来の果てにEscort
19 W:Wonder tale
20 Trouble Emotion
21 Double Fascination
22 逢うたびキミを好きになる

 

アンコール

23 ゆかりはゆかり♡
24 ジェラシーのその後で
25 Gratitude

 

Wアンコール
ex03 fancy baby doll

 

感想

ex01 めろ~んのテーマ~ゆかり王国国歌~

100回公演目の一番最初がめろ~んのテーマ、粋だねえ。王国民のめろ~んされ具合、気合の入り方が凄くて普通に笑ってしまった。

 

ex02 fancy baby doll

もうここで餌付けしてて、この先どうなるんだ…って思ったよね。やはりオタクの気合の入り方が違うのか、みんな飛び跳ねまくってたのが凄く印象的でした。

 

01 聴こえないように♡

ここからが本編みたいな感じ。ツアーで結構回数重ねたからなのか、コールが結構固定化されてた気がしました。

 

02 Darling Darling

アルバムの並びに順当にって感じ。振り付けが可愛かった気がするけどいまいち記憶が飛んでるのでこの先で確認したいですね。これも結構コールが固定化されてた気がする。

 

03 好きだって言えなくて

この曲のコールめっちゃ大好きなんですよね。実際うろ覚えなんですけど()

 

04 Shining Rabbit

いつだったかのFCイベで限定販売されて以降毎回会場の物販で買い忘れるのでいつまでたっても手元に音源がない…と思っていたらこの記事を書いてるタイミングで公式通販始まったので買いました。

 

05 セルフィッシュ

Perfumeみたいなテクノサウンド、マジで最高。縦ノリが気持ちいいのでどうしても天井に吸い寄せられながら振りコピしてました。

 

06 ガラスの靴にMoonglow

サビのかかとを振り上げる振り付けめーっちゃ好きなんですよね。

 

映像企画(遺跡っぽいやつ)

この手の映像、キングレコードを思い出す。

 

07 花チル夜道

ダークサイドな感じの曲が好きなので、新アルバムの中でも結構好きな曲ですね。ステージ上段の天球をモチーフにしたっぽい光の演出装置が綺麗でよかったですね。

 

08 Traveling with a sheep

 この曲のことです。まさか福岡で、しかも100回公演のタイミングでこの曲聞けるなんて思ってなくて、イントロのギター聞こえてきた瞬間めちゃくちゃガッツポーズしちゃったよね。生バンだとギターとドラムのパワーが凄くてまた最高なんだなこれが…。

 

09 Closing tears

ここ最近の曲の中ではかなり好きな方なの曲なので、今回聞けて本当に嬉しかったですね。あと曲が始まると同時に衣装が光りだして普通にびっくりしました。衣装が光る演出自体は初めて見るわけでもないんですけど、色が変わる仕様になってたのが凄かったです。

 

10 Libido zone

こういう曲あるとブラス隊が欲しくなってしまう。ダンサーさんのダンスが凄くて見とれていました。曲が終わる時の逆光がめちゃめちゃかっこよかったです。

 

11 シレーヌの心音

流れがいいねぇ。田村ゆかりさんに「溺れてる」感覚をめちゃくちゃ味わった気がしました。

 

映像企画(星座について:乙女座)

今回のツアーは12星座が限Tのモチーフなので、その関係ですかね。

 

12 神様Rescue me!!(アコースティック)

打楽器がカホンのアコースティックめちゃめちゃ良いよね。原曲がリズミカルだと特に良いなって思います。

 

13 レリーフのひとかけら(アコースティック)

普通に心地よすぎて半覚醒くらいになってました。テンポ感が気持ちよすぎる。

 

14 you(アコースティック)

タイトルコールで会場から「ヒッ」って声が聞こてきてめちゃめちゃ笑ってしまったけど、まあ気持ちはわからんでもない。曲中ずっと会場からすすり泣く声が結構聞こえてきたのが凄かったです。

 

めちゃくちゃ良い曲だなあと思って聞いていたら、前の席に座ってたカップルの女のほうが男の肩に頭乗せて、それを男が撫でてる光景が繰り広げられていて、まあ否が応でも目に入るのでなんとも言えない感じになってました。

 

映像企画(Youtuber ちゅぱりん:泥団子)

 まーた泥団子作っててワロタ。地球色に塗ってました。

 

15 Hello Again

サビの振り付けも好きなんだけど、落ちサビのゆかりさんの歌い方が好みすぎて毎回見入ってしまう。この曲の衣装がめちゃめちゃミニスカートだったんですけど、回転する振り付けで勢いよく回りすぎて思いっきりスカートめくれ上がって、途中で動揺するゆかりさんめっちゃかわいかったですね…。

 

16 チクチク

この曲もあんまり聞き覚えがねえなって思ってたら今までイベント物販でしか売ってなかったTrouble Emotionのカップリングだった。これも公式通販始まったので買いました。

 

16 Sweet Trap

振り付けめっちゃ好きすぎる。

 

映像企画(Youtuber ちゅぱりん:触れる水を作ろう)

スライム錬成しててワロタ。

 

18 未来の果てにEscort

サビでワイパー→止めの振り付けがあるんですけど、ゆかりさんは右手でやってるのにオタクも右手でやるから止めの時腕が意味不明になってて、このあとのMCで今後は左手でやるよう是正されてたのめちゃくちゃおもしろかったです。僕は2番から左手に勝手に変えましたけど。

 

19 W:Wonder tale

W:Wonder taleの振り付け、無形文化財に指定してほしい。

 

20 Trouble Emotion

イベントでしかCD売ってないのにこの曲のセリフ全部言える人めちゃくちゃいるの凄すぎん?って思ったけど、福岡来てたのは気合の入った集団だということを忘れてましたね。

 

21 Double Fascination

曲はあんまり刺さらないんだけど、振りはまあまあ好き。

 

22 逢うたびキミを好きになる

逢うたびにゆかりさんのことを好きになる、みたいな感じですよね。

 

アンコール

23 ゆかりはゆかり♡

ゆかりさんを肯定する曲を継続的にゆかりさんが歌ってくれることが嬉しい。

 

24 ジェラシーのその後で

イントロのキーボード以外記憶にない。

 

25 Gratitude

この公演の中で1番記憶に残った光景はここだったなあ。この曲でみんなが揃ってポンポン振ってる光景が大好きなんですよね。福岡公演の、それも100回公演の(一応)最後で「ありがとう」って伝えられるのがめちゃめちゃ良かったですね。

 

Wアンコール

ex03 fancy baby doll

Gratitude終わった後、それまでのMCで冗談交じりに「早く帰りたい~(笑)」っていってたゆかりさんが、最後の挨拶で「帰りたくないなあ…」って言ってくれたのがもうめちゃくちゃ嬉しかったよね。

 

そこから会場中で「もう1回」って声が聞こえてきて、ゆかりさんと桃色男爵と桃色メイツがその場で相談して、「ほんとに最後だからね」って言ってやってくれたfbd。喉痛めるくらい叫んだし、脛が痛くなるくらい飛んだ。超楽しかった。

 

総括

 

 まあ許したるわ。楽しそうだったしな。

 

 ゆかりさんのライブはいつ参加しても楽しいけど、今回ほど「楽しい!!!!!!」で埋め尽くされたライブはなかった気がしますね。

 

最近は色々とガチガチの現場も多いので、やっぱり演者も客も楽しそうにしている現場が一番だなあと実感しました。僕が参加する残りの公演は岩手のみですが、岩手も楽しんでいきたいなあと思います。

 

番外編:福岡で食べたものまとめ

さて皆さん、福岡名物と言えば何を思い浮かべますか?

 

そう、うどんです。

 

え、豚骨ラーメンじゃないのかって?実際それはそうなんですけど、ラーメンは以前行った時にまあまあ食ったので、今回はうどんをフォーカスしてお店を回りました。というわけで回ったお店を上げて行こうと思います。

 

博多鶏うどん / 因幡うどん 福岡空港

 

ごぼううどん / 葉隠うどん

 

 皿うどん / 元祖ぴかいち

 

 すだちかけうどん / 釜喜利うどん

 

 おぼろうどん / 牧のうどん 博多駅バスターミナル店

 

 

すじ釜うどん / かくれ居酒屋 うどん大学

YUI MAKINO LIVE CONCERT「What's UP!!!!」DAY 2 感想

牧野由依さんのワンマン「What's UP!!!!」の二日目の感想です。初日と変わったところを中心に書いていこうと思います。

 

以下セットリストに沿って感想を。

 

セットリスト

0 A WINTER STORY

1  Brand-new Sky

2 囁きは"Crescendo"

3 Cluster

4 Precious

5 春待ち風

6今日も一日大好きでした。

7 碧の香り

8 幸せのため息

9 you are my love

10 アルメリア -弾き語り-

 

クラシックコーナー

11 リベルタンゴ/アストル・ピアソラ

 

12 Merry-go-round(バンドinst)

 

13 夏休みの宿題

14 ユーフォリア

15 スケッチブックを持ったまま

16 遠くまで行こう

17 ワールドツアー

18 synchronicity

19 secret melody

20 ハウリング

 

アンコール

21 Reset ~Acoustic ver~

22 ふわふわ♪

 

感想

0 A WINTER STORY

1  Brand-new Sky

 

2 囁きは"Crescendo"

2曲目でもう曲入れ替わってるやんけ…。ヴァイオリンとチェロある編成でこれ聞けるのマジで神でしょ。

 

3 Cluster

この曲なんか順番変わってやがるな。後半何に変わるんだろうって思ってました。

 

4 Precious

人生が辛いとこれを聞いて涙止まらん度がガンガン上がって大変なことになる。ちなみにこの日はハチャメチャに泣いた。

 

5 春待ち風

三月物語の入れ替わりが春待ち風なのバケモンすぎん?もうとっくに春は終わったんだが…。

 

6 今日も一日大好きでした。

楽しかった一日が終わると僕は頑張れない…。無理すぎる…。

 

7 碧の香り

イントロのピアノのメロディライン心地よすぎて気絶するかと思った。

 

8 幸せのため息

 

9 you are my love

 ダークな旋律が本当に神がってましたね…。

 

10 アルメリア -弾き語り-

 

クラシックコーナー

11 リベルタンゴ/アストル・ピアソラ

 

12 Merry-go-round(バンドinst)

13 夏休みの宿題

 

14 ユーフォリア

.夏休みの宿題でスタンディングターンになってたから、ユーフォリアで完全に膝の力抜けて死人になってしまった…。

 

15 スケッチブックを持ったまま

選曲がバケモンすぎるだろ…。まさかスケッチブック聞けるとは全く思ってなかったぞ…。サビがめちゃくちゃエモいんだよな…。

 

16 遠くまで行こう

 遠くまで行こう、単体でもめちゃくちゃヤバいけど、この3曲の流れマジで狂ってるでしょ。

 

17 ワールドツアー

18 synchronicity

19 secret melody

20 ハウリング

 

アンコール

21 Reset ~Acoustic ver~

 

22 ふわふわ♪

前の日にZipeerやってるしここはふわふわ♪確定みたいなところあったけど、またウェーブ設けてて面白かったですね。この曲振り付けもめちゃくちゃ好きだけど、歌詞が本当に大好きなので何度聞いても良い~!ってなってしまう。

 

総括

 これは現場に行った人しかわかんないことだけど、牧野由依さんってピアノ弾く前に天井とピアノ見て集中したあとピアノに手を置くんですよね。それが「ピアノと対話してる」って感じがして凄く好きなんですよ。単純にピアノ弾いてる手を追うのが好きなんでそれを見ていたいのもあるんですけど。

 

もちろん歌声と曲がめちゃめちゃ好きだってのが1番には来るんですけど、彼女の「ピアニスト」としての姿も間違いなく魅力的で、技量も本物だからこそ毎回「ピアニスト」としての彼女の姿を見たくなってしまうが故に毎回足を運んでしまうんですよね。

 

以前も足し算の暴力と引き算の強調について書いた気がするんですけど、牧野由依さんの「ライブコンサート」って、バンドサウンド+オーケストラサウンドの足し算的な強さのアレンジと、ピアノ単体かそこに弦楽器だけの構成でシンプルに聞かせる構成が両立していて本当に凄いんですよね。みんな1回体感してみてほしい。

 

 神。

 

初日の感想はこちら

konitan28.hatenablog.com

YUI MAKINO LIVE CONCERT「What's UP!!!!」DAY 1 感想

牧野由依さんのワンマン「What's UP!!!!」に参加してきましたので感想を書いていきたいと思います。二日間開催でどっちも参加しましたが、今回は別々に書いていこうかなと。

 

今回は3月に出た「UP!!!!」というアルバムを踏まえてのライブコンサート。このアルバムの収録内容、既存曲でライブアレンジされているものと、牧野由依さんがピアノを弾いてる音源を集めた感じのセレクトアルバムだったので、始まる前から最強が約束されているイベントという感じでした。

 

以下セットリストに沿って感想を。

 

 

セットリスト

0 A WINTER STORY

1  Brand-new Sky

2 三月物語

3 たったひとつ

4 二度目のハツコイ

5 きみの選ぶみち

6 横顔

7 シンフォニー

8 幸せのため息

9 その先へ

10 アムリタ -弾き語り-

11 アルメリア -弾き語り-

 

クラシックコーナー

12 リベルタンゴ/アストル・ピアソラ

 

13 Merry-go-round(バンドinst)

 

14 夏休みの宿題

15 グッバイ・マイ・フレンド

16 Cluster

17 ワールドツアー

18 synchronicity

19 secret melody

20 ハウリング

 

アンコール

21 Reset ~Acoustic ver~

22 Zipper

 

感想

0 A WINTER STORY

開幕は幕が閉まったまま、影で牧野由依さんがグランドピアノ弾いてる姿が浮かび上がる、みたいな感じの演出。最高すぎる。

 

1  Brand-new Sky

一番最初に切り札切るのセコいでしょ。イントロの高音ピアノで狂いそうになってしまった…。

 

2 三月物語

いや、このアレンジ売ってくれないんですか…?元々めちゃめちゃいい曲なのに、あんなバンドアレンジ聞かされたら死んでしまう。

 

3 たったひとつ

ここまでスタンディングターンだったので一気にペース変わった気がしますね。

 

4 二度目のハツコイ

まさかセットリストに入ってくるとは思わなくて思わず天を仰いでしまった…。サビで一気に高音にいくのが好きすぎるんだよな。

 

5 きみの選ぶみち

こういう曲やってる時、ヴァイオリンとチェロがデフォルトでいる牧野由依バンドは神ってなる。しかも二人とも音大卒だしね…。

 

6 横顔

横顔のピアノイントロ聞こえてきた瞬間マジで涙が止まらなくなって大変なことになってしまった。

 

7 シンフォニー

 殺す気か?

 

8 幸せのため息

作曲牧野由依なんだよな~。「今聞くとお前の恋愛感大丈夫か?って言いたくなる」って言ってたのには笑っちゃったよね。

 

9 その先へ

うわ~この曲やるなんて思ってなくて本気でびっくりしちゃった。生披露初めて聞いたかもしれない。

 

10 アムリタ -弾き語り-

ピアノ一本+女性ボーカルでこれより刺さる曲、もう一生現れないかもしれない。泣きすぎて体の水分全部なくなるかと思った。

 

11 アルメリア -弾き語り-

 アルメリアの弾き語りはなんていうか精神安定剤みたいな感じ。穏やかな波に揺られてる気分なんですよね。前半で感情揺さぶられまくったのでいいクールダウンになりました。

 

クラシックコーナー

12 リベルタンゴ/アストル・ピアソラ

チェロとピアノのデュオだったんですけど、これよく合わせられるなって思いました…。この難易度の曲弾く時は牧野由依さんの顔が"マジ"になるのがめっちゃいいですね。

 

13 Merry-go-round(バンドinst)

 牧野由依さんのお着替えタイム。牧野由依さんが去り際に「おもちゃ箱をひっくり返した感じ」と言っていたんですけど、バンド系楽器とオーケストラ楽器の組み合わせで、主旋律と低音がくるくる入れ替わる感じが凄く楽しかったです。

 

14 夏休みの宿題

うおおおおおおおUPDATEアレンジのイントロヴァイオリンは最高!!!!!!サビのストリングスラインも最高!!!エモすぎて泣いてしまった…。

 

15 グッバイ・マイ・フレンド

うわ、めっちゃ意外な選曲だ…。夏休みの宿題からクラップ楽しいですね。

 

16 Cluster

昔はダントツ盛り上がり枠だったけど、今はちょっとエモ枠みたいな感じで扱われてる気がする。

 

17 ワールドツアー

ダンサーの振りコピマジヲと化した。

 

18 synchronicity

異次元すぎる~~~~~~。アレンジも最強だけど、ダンスの雰囲気がマジで好きすぎる。

 

19 secret melody

 マジで死を感じる。

 

20 ハウリング

ダンサー振りコピ マジヲセカンド。合唱も結構好きですよ。

 

アンコール

21 Reset ~Acoustic ver~

チェロとグランドピアノのデュオなのがまず天才なのに、バレエみたいなダンサーが演出でいたの最高すぎる。めちゃくちゃ世界に引き込まれましたね。

 

22 Zipper

まさか公式振りコピタイムの中にウェーブが組み込まれるなんて思ってなくてマジで笑い転げた。それにしても振り付けかわいすぎなんだよな。

 

総括は全部二日目の感想に書きます。二日目の感想はこちら

konitan28.hatenablog.com

「LAWSON presents TrySail Live Tour 2019 "The TrySail Odyssey"」 神奈川公演 感想

TrySail3度目のツアー、その横浜公演に参加しましたので感想を書いていきたいと思います。

 

TrySailさんの単独はここ最近年1~2回くらいしか見れてないですが、今回のツアーも例に漏れず、なんか凄い公演数ある割にノリで抑えたここだけの参加になってしましました。

 

ちなみに、最近出たアルバムを引っさげてのツアーだったんですが、一通りアルバムは聞いていたものの、Sunset カンフー以外の新曲を1mmも覚えてないみたいな感じで参加しました。

 

以下セットリストに沿って感想を。

 

 

セットリスト

1 WANTED GIRL

2 CODING

3 未来キュレーション

4 Breaking the dark/雨宮天

5 チアミーチアユー/夏川椎菜

6 スマッシュ・ドロップ/麻倉もも

7 またね、

8 Make Me Happy?

9 whiz

10 disco

 

ハモり

11 コバルト

 

12 Take a step forward

13 Truth.

14 Believe

15 バン! バン!! バンザイ!!!

16 Sunset カンフー

17 adrenaline!!!

18 azure

 

アンコール

19 Sail Out

20 TryAgain

 

感想

1 WANTED GIRL

なんか知らない間にこの曲が超絶盛り上がり曲みたいな扱いになっててワロタ。最初に麻倉ももさん見た時に、丸顔と二つ結びの仕上がり具合が最高で曲の印象前吹っ飛びましたね。ナンのハーフツインも良かったです。

 

2 CODING

テンポ感が良いですね。振り付けがパラパラだったらもっと最高だったかもしれない。

 

3 未来キュレーション

音源聞いた時は良くも悪くも普通の曲って感じだったけど、ツアーで育った曲なんだろうな~って印象が強かったです。

 

4 Breaking the dark/雨宮天

アマテンの曲はマジで集めてないので1mmも聞いたことない曲でしたね。後ろのMCで、この日の麻倉ももさんとナンの髪型をプロデュースしたのがアマテンって話をしていたんですが、「ソロ曲との兼ね合いで私はいつもどおり」みたいな話をしていたので、チョ・イ・スをやれ!と連番と話していました。

 

5 チアミーチアユー/夏川椎菜

ナンの新アルバムの中だと明るさに振り切ってる曲調の曲。個人的には他にも聞きたい曲がいっぱいあるので、秋のソロライブが楽しみだなって感じです。

 

6 スマッシュ・ドロップ/麻倉もも

TVアニメパズドラのオタクだからスマッシュ・ドロップはマジで最高にエモい。

 

7 またね、

サビがめちゃめちゃスフィアにありそうなバラード。こういう曲を表現する段階にTrySailも来たんだなあ。

 

8 Make Me Happy?

こういう曲で階段がいっぱいあるステージをめちゃくちゃ使うのがTrySailならではの魅せ方って感じ。

 

9 whiz

 

10 disco

whiz→discoとか完全に僕のために用意されたセットリストって感じ。 この曲振り付けめちゃくちゃ好きなのに、楽しすぎて天井に吸い込まれるので毎回振りコピは適当。

 

ハモり

11 コバルト

ハモリのコバルトでもイェッタイガー入れたい人、執念がありすぎるし、死んでも排除したい運営も面白いので一生やっててほしい。アレンジ自体はフューチャーベースって感じなのがかっこよくて良かったですね。

 

12 Take a step forward

この曲のサビの振りが結構好みな感じで意外だったんですよね。生のパフォーマンス見たら大分印象変わった気がする。

 

13 Truth.

今でもどう楽しめばいいかよくわからん。

 

14 Believe

音源聞いた時もまあまあ好きだったけど、Truth.の次にあるせいかやたら強く聞こえた気がする。

 

15 バン! バン!! バンザイ!!!

振り付け楽しすぎ。

 

16 Sunset カンフー

 この曲の盛り上がり方流石に異次元すぎてワロタ。振りも曲もネタに振り切った強さでしたね。ここ最近の曲で1番気持ちよくイェッタイガーが入る。

 

知らんオタクが言ってたイェッチャイナはちょっとセンスあると思った。あと「叫ぶよ 高みの 先まで 我們走吧!!!」の部分にMIXを被せで入れると最後ハイにいい感じかかって気持ちいい…気がする。まあ現場で入れることは一生ないと思うけど。個人的にはアイヌ語がまあまあ好み。

 

17 adrenaline!!!

実は事前に他の会場のセトリちょこちょこ見てたんですけど、この辺がメドレーになってたはずで、なんか聞いてたセトリと違う!!!ってなりました。メンバーが無限に煽るせいで飛びポイントが浸透しまくってるのがいいですね。

 

18 azure

 物語フェスの余韻をこんな形で味わうとは思ってなかったよね。TrySailも〆に盛り上がり曲を持ってこない傾向が強くなった気がする。

 

アンコール

19 Sail Out

ガチャコーナー。連番と夢を叶えて自分の未来をその手に掴め!?みたいな話してたら違う感じのホーム曲が来た感じ。

 

20 TryAgain

最後の最後は思いっきりTrySailらしく、なおかつアルバムのコンセプトを踏襲して、みたいな感じかな。いやほんといい締めだと思う。

 

総括

TrySailに関してはたまにしか顔を出していないので、来るたびに毎回メンバーの関係性が結構変わってるなって思うんですけど、どんどんメンバー同士の間合いが緩くなってるなと思っていて、ユニットとして成熟してきた証なんだろうなと思うんですよね(アマテンとナンが麻倉ももさんに取る態度に顕著に出てるというか、公演中みんなふざけられる余裕が増してきたところとか)

 

個人的には今の段階から魅せ方ばっかりにこだわるより、もっと若いうちにしか出来ないパワーを見せてほしいとも思うのですが、まあそれは僕がスフィアを追いかけてきた時に見た道をある程度重ねてしまうからでもあるので、あんまりいい見方ではないような気がしてなんとも言えないところがあります。

 

まあこれからも素晴らしいものを届けてくれるユニットなのは間違いないので、僕もいい感じにこの先も追いかけられたらいいなと思ったライブでした。

 

 去年はこんな感じではなかった気がするので理由をオタクに聞いてみたら、警察に対する対抗意識だと思うって回答が返ってきて笑い転げた。

 

 修行するぞ修行するぞ修行するぞ修行するぞ

 

Poppin’Party×SILENT SIREN 対バンライブ「NO GIRL NO CRY」DAY2 感想

ポピパサイサイ対バン二日目に参加したので感想を。初日も参加してるので、変わった部分をメインに書いていきます。

 

この日はサイサイが先行でポピパが後攻というこで、ポピパは日が落ちたあと映えそうな曲が多いのでそういう点を楽しみにしてました。

 

ちなみにこの日もスタンド通路側だったので、連番を階段側にして椅子と格闘しました。

 

 

セットリスト

ゲストアクト RAISE A SUILEN

1 A DECLARATION OF x x x

2 UNSTOPPABLE

3 R・I・O・T

4 EXPOSE 'Burn out!!!'

 

メインアクト1:SILENT SILEN

5 チェリボム

6 八月の夜

7 天下一品のテーマ

8 ジャストミート

9 DanceMusiQ

10 NO GIRL NO CRY

11 ときめきエクスペリエンス

12 フジヤマディスコ

13 ビーサン

14 恋のエスパー→チェリボム

 

メインアクト2:Poppin'Party

15 夏のドーン!

16 Time Lapse

17 Happy Happy Party!

18 二重の虹(ダブルレインボウ)

19 Returns

20 キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~

21 CiRCLING

22 ティアドロップス

23 STAR BEAT! ~ホシノコドウ~

24 キズナミュージック♪

 

アンコール

25 NO GIRL NO CRY(Poppin'Party × SILENT SILEN)

 

感想

ゲストアクト RAISE A SUILEN

1 A DECLARATION OF x x x

この曲が1曲目なのも定番化してきましたね。これほど開幕にふさわしい曲もない。

 

2 UNSTOPPABLE

 確かこの曲の落ちサビだった気がする。RAS、ギターはステップ踏みながら弾いてるしキーボードとDJは多動だしベースは不動だしほんとおばけパフォーマンスすぎる。

 

3 R・I・O・T

RASが存在を刻みつける1曲ですよねえ。マジで圧倒的な圧力のある曲ですね。

 

4 EXPOSE 'Burn out!!!'

僕がRASの曲の中で1番好きで、なおかつ1番多動できる曲が一番最後で完全に死人になってしまった。めちゃくちゃパワフルな曲なのにDJチュチュの煽りが可愛すぎるんだよな。

 

メインアクト1:SILENT SILEN

5 チェリボム

初日はアンコールでポピパサイサイ2バンド演奏だった曲が頭に来ててびっくりしたよね。

 

6 八月の夜

この日も大サビ飛びポイントで飛んでたのは僕と連番だけだった。

 

7 天下一品のテーマ

ゆかるんがトロッコで旗振り回しててワロタ。あいにゃんのベースの煽りが相変わらずかわいいんだよな。

 

8 ジャストミート

 球場選曲は神。

 

9 DanceMusiQ

この曲がこの日の選曲で1番意外だったかも。「みんな踊ってね!」って煽りで最初ODOREmotionかと思ったら違った。

 

10 NO GIRL NO CRY

前日より客席のみんな声のが出てた気がする。

 

11 ときめきエクスペリエンス

 前日からの流れが最高だった。

 

12 フジヤマディスコ

 ふざけ倒してても最高なものは最高。

 

13 ビーサン

逆にこの曲は入れ替わると思ってたので二日間やったのが意外でしたね。

 

14 恋のエスパー→チェリボム

 時間停止茶番がチェリボムになってましたね。普通に強すぎる。

 

メインアクト2:Poppin'Party

15 夏のドーン!

 イントロ聞こえた瞬間嬉しすぎて気が狂ってしまった。

 

16 Time Lapse

 この日はポピパが後攻だったので完全に日が落ちていてロケーションばっちりでした。

 

17 Happy Happy Party!

この日は前日と反対サイドの席だったので、西本さんの低重心ベースと大塚さんのイカしたギターを見てました。

 

18 二重の虹(ダブルレインボウ)

 

 2章イベのシナリオフラッシュバックして完全に死人になってました。

 

19 Returns

 

 アニメ2期11話「ホシノナミダ」と12話「Returns」が延々と後ろのクソデカディスプレイで流れてたのマジでセコすぎて感情が完全に破滅してしまった。

 

20 キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~

この曲で一気に空気変わったから凄いと思う。

 

21 CiRCLING

この選曲もかなり意外でしたね。輪!ってやるとこ好き。

 

22 ティアドロップス

この曲もやっぱり夜だと映えますね。

 

23 STAR BEAT! ~ホシノコドウ~

 こういうところがせこいんだよな。

 

24 キズナミュージック♪

キズナミュージック♪〆はマジで良すぎるし、初日も思ったけど 13話のEDは卑怯すぎる。

 

アンコール

25 NO GIRL NO CRY(Poppin'Party × SILENT SILEN)

本当に最後の〆はライブタイトル楽曲。2バンドverは音源化してないな~と思ったけど7月にCD化するらしいので楽しみですね。

 

総括

 

 昨日よりは多少マシかな?って思ったけどそんなことなかったね。各バンドともにパフォーマンス自体は良かったんだからそこを殺さないでほしかったです。

 

 終わったあと酸素缶ほしいってなったよね。

 

 今度は完全野外の8月でお願いします。

 

 ドームといいつつただの野外会場だからね。

 

 二日間でそんな変わらんかなあと思ってたので、二日目のポピパターンの、アニメ二期総まとめで殺しに来るスタイルは本当に刺さりましたね。

 

初日の感想はこちら

konitan28.hatenablog.com

Poppin’Party×SILENT SIREN 対バンライブ「NO GIRL NO CRY」DAY1 感想

メットライフドームにて行われたポピパサイサイの対バンに参加してきましたので感想を書いていきたいと思います。

 

バンドリーマーでもサイサイファミリーでもない気がする僕ですが、まあバンドリもサイサイも普通に好きなので、今回の対バンは発表された時からめちゃくちゃ楽しみにしていたイベントでした。

 

ちなみに、今回は二日間開催ということで両日参加しましたが、構成が結構違ってたのでバラバラに書くことにしました。

 

以下セトリに沿って感想を。ちなみに野球場開催ということで先行後攻システムが採用されたらしく、1日目はポピパが先行でした。

 

 

セットリスト

ゲストアクト Roselia

1 LOUDER

2 R

3 BRAVE JEWEL

4 熱色スターマイン

 

メインアクト1:Poppin'Party

5 キズナミュージック♪

6 B.O.F

7 Happy Happy Party

8 Dreamers Go!

9 ティアドロップス

10 八月のif

11 キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~

12 NO GIRL NO CRY

13 Time Lapse

14 STAR BEAT! ~ホシノコドウ~

 

メインアクト2:SILENT SILEN

15 フジヤマディスコ

16 八月の夜

17 ぐるぐるワンダーランド

18 What show is it?

19 ビーサン

20 NO GIRL NO CRY

21 天下一品のテーマ

22 女子校戦争

23 ALC.Monster

24 恋のエスパー→ときめきエクスペリエンス

 

アンコール

25 チェリボム(Poppin'Party × SILENT SILEN)

 

感想

ゲストアクト:Roselia

1 LOUDER

Roselia初めて生で見る1曲目がRoseliaで1番好きな曲だったので流石にテンションめっちゃ上がってしまいました。席がスタンドの通路側だった階段を転げ落ちる危険性が高いので、連番に通路側座らせて僕はスペースを取りつつ椅子と格闘していました。

 

2 R

イントロのベースがマジで神。1曲目に続きRoseliaで2番目に好きな曲が披露されてしまい、イントロで取り乱してました。

 

3 BRAVE JEWEL

この曲やるんだ、と思ったけど、そういえばアニメ二期でOPになったりしてたことを後ろの映像で思い出した。

 

4 熱色スターマイン

連番が「頂点へ…狂い咲け!」「模型~~!!!!」の 茶番は富士急で最初にやりたかったとか言ってて爆笑してしまった(きっちりやってました)

 

メインアクト1:Poppin'Party

5 キズナミュージック♪

 頭でやるとは思ったなかったのでいきなり頭を抱える羽目になってしまった。この曲のユニゾン感、ポピパの結束みたいなものが感じられてめちゃくちゃ良いんですよね。

 

6 B.O.F

 二日間で1番意外な選曲だったかもしれない。ポピパのメンバーが地味にテクニックが上がってるのがこういうところで感じられていいですね。

 

7 Happy Happy Party

 面白かったし、ライブは好きに楽しめばいい派なのでこういうのも好きにやってくれていいんだけど、こっちが笑うのも許してほしい。

 

 小さめのトロッコで簡易ドラム叩いてる大橋彩香さん、ちんどん屋って感じだった(最大限に褒めてる)

 

8 Dreamers Go!

ピアノのラインが好き。

 

9 ティアドロップス

「赤から青に変わる」でペンライトの色が変わってるの、メラドくらいデカい会場だと流石に綺麗ですね。大塚紗英さんのギターがノリノリでした。

 

10 八月のif

大橋さんと愛美さんのダブルボーカルの八月のifめちゃくちゃ良いっすね。欲を言えばあと3ヶ月遅くやってほしかった…。

 

11 キラキラだとか夢だとか ~Sing Girls~

アニメバンドリ一期が好きなのでこの曲は普通に好き。

 

12 NO GIRL NO CRY

この対バンのために曲作られるの凄いよね。サビはCMでめっちゃ聞いたからアレだけど、それ以外の部分も普通にいい曲って感じ。

 

13 Time Lapse

この曲ほんとキラーチューンって感じなのがいいですね。まだ太陽が落ちきってなかったのでもうちょっと時間遅ければな~って思ってました。

 

14 STAR BEAT! ~ホシノコドウ~

今までポピパの単独行ったことなかったので初めてパフォーマンスを見たけど、やっぱりめちゃくちゃ良いですね。ピアノのラインがめちゃくちゃ好みすぎる。あと2サビ前の「声を合わせ」で楽器の音がなくなるのめっちゃ良い…。

 

 先行だったから仕方ないけど、結局これ。

 

メインアクト2:SILENT SILEN

15 フジヤマディスコ

開幕フジヤマディスコは頭悪いっすね。サイサイの曲の中で一番好きです。イントロのベースラインからイカしてるし無限に飛ぶこともできる。

 

16 八月の夜

 楽しいからみんなやろうな。

 

17 ぐるぐるワンダーランド

バンドリオタクもタオル曲は乗りやすかったんじゃないかな。マジでキラーチューンしか持ってきてなくて、サイサイ側の気合の入り方みたいなものを感じだした頃合い。

 

18 What show is it?

ただでさえめちゃくちゃ楽しいのに八月だったらあと5兆点くらい加点できる曲が多すぎる。コールアンドレスポンスはオタクがやりやすいのわかってて組んだセトリな気がする。

 

19 ビーサン

いつかサンダルで連番としばき倒し合うやつやりてえ。

 

20 NO GIRL NO CRY

この曲サイサイのほうがボーカルの声合ってるなあと思ってたんだけど、そもそもアレンジ違うことにあとで気づいた。

 

21 天下一品のテーマ

 終演後池袋の天一が2店舗ともめちゃくちゃ並んでたらしいですね。

 

22 女子校戦争

この対バン自体が女子校戦争みたいなところない?ないか。アウトロのキーボードが好き。

 

23 ALC.Monster

最新アルバムの中だとかなり好きなほうなので聞けて嬉しかったです。デジタルサウンドって感じ。

 

24 恋のエスパー→ときめきエクスペリエンス

振り付けがまあまあ難しくて覚えるの諦めたやつ。まあそれでなくても曲自体が普通に強い。途中時間停止の茶番タイムがあったんですけど、そこかときめきエクスペリエンスの頭やったのヤバかったですね。

 

アンコール

25 チェリボム(Poppin'Party × SILENT SILEN)

ガルパでポピパのチェリボムが配信されてるのでどっかでやると思ってたらアンコールで2バンド披露になっててワロタ。バンドリ収録のチェリボムはイントロのベースがないのが残念ポイントなので、そのうちフル音源収録してほしいですね。

 

総括

 

あんまり言いたかないけど、演者は最高のパフォーマンスをしていてめちゃめちゃ良かったのですが、Roseliaとポピパの音響がマジでひどかったのでそこはなんとかしてほしいなって思った。

 

 

 流石結成10年だけはある圧巻のパフォーマンスだった。

 

二日目の感想はこちら

konitan28.hatenablog.com

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- Ⅳ 劇場編集版 ルヰ×シン×Unknown を見たけど流石に処理しきれないので色々と吐き出させてほしい

※TV放送で追いかけてる人はこの先を読まないでください。ネタバレOKの人は自己責任に任せますが、読まない方が絶対に良いと思います。

 ていうかこの記事を読んでる暇があったらプリティーリズム・オーロラドリームとプリティーリズム・ディアマイフューチャーを見てください。

 

確かdアニメストアに全作品見放題であったと思います。KING OF PRISM by PrettyRhythmKING OF PRISM -PRIDE the HERO-もあるよ!

 

流石にレインボーライブはもうみんな見たでしょ?YouTubeで無料だぞ。

youtu.be

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-、冗談抜きで全体的に過去作品から色々引っ張ってきてる比率がめちゃくちゃ高いので、「余裕があったら見たほうがいい」とかじゃなくて「見てないと勿体無い」みたいな感じになってますね。後追いでもいいですけど、一番感情を破滅させられる順番がオーロラドリームから放送順に、構成的に一番取っ付き易いのはレインボーライブから、女性またはぶっ飛んでるのが好きならキンプリを順に見るって感じですかね。ていうかShiny Seven Stars終盤はキンプリとキンプラ見てないと意味不明な部分多いんじゃないかなって思います。いやまあ見てても意味不明な箇所いっぱいだけど…。

 

話が逸れましたが、まず最初に一番言いたいことからいきましょうか。

 

菱田正和*1 いい加減にしてくれマジで。

 

あとはそれぞれの話ごとに書いていこうましょうか。なにせ情報量が多すぎ、独自解釈モリモリなので与太話程度に聞いてもらえると助かります。設定とかでここ違うよって部分があったら指摘いただけると助かります。あと3話まとめての上映形式なのでどの話でやったやつなのかごちゃごちゃになってるかもしれないのでそれは許してください。

 

10話(ルヰパート)

 唐突に差し込まれるルヰくんとシンくんの遊園地デート。ルヰくんの格好いくらなんでもそれはねーだろみたいなダサさで笑っちゃったよね。

 

遊園地で流れてる曲がオーロラドリームで使われたYou May Dreamだったり、お化け屋敷がオーロラドリームの時あまりにも予算を投じたせいでプリズム減価償却*2 することとなった例のハロウィン映像だったりでオーロラドリームからのオタクを殺しにかかってるなって感じでした。

 

ちなみにマスコットに関してはこれまでも結構出てるし多少は…という感じだけど、ビルは完全にプリパラでしたね。まあレオくんの回とかバリバリプリパラオマージュだったし。

 

ショーに関しては前半の遊園地イメージ+レインボーライブ49話のオマージュって感じ。ルヰの夢女の方はあれを浴びて生きてられるのか心配になるカメラワークが良かったです。案の定墜落するけど仁さんが聖さんと同じ動きで救出。ルヰはシャインを探すために、仁に昔の自分の面影を見せてシュワルツローズに入ったけど、仁はルヰを本当に大切に思ってるんだなって思いましたが、そのルヰはシン(シャイン)しか見てないので仁は報われねえ…とも。そしてシャイン完全覚醒でこの回は終了。

 

そういえばプリズムワールドとプリズムの使者、シャインに関しても結構情報が出てた気がしますね。ゼーレみたいな人達(エンドロールでGODってついてたと思うから神なのか?)がプリズムワールドを管理?してるっぽいですね。煌めきがないと存在できないと言っていたので、プリズムの使者を派遣することで煌めきを広めて供給してもらうことで存在を維持してるんでしょうか。

 

プリズムの使者については、Rinne Systemって感じでなんか名前が一覧に出てたんですけど、あいらやみあ、あと氷室マリアの名前があったくらいしか確認できなかったのでそこもしっかり確認したいなあ。詳細は全然描写されませんでしたが、オーロラライジングやプリズムアクトがプリズムの使者によって導かれてるので、プリズムの使者が導いた人のリストなのかな?って気がします。そう考えると神埼そなたプリズムの使者だった説はちょっと信頼性あるかも。プリズムの女神になってるしね…。でもそう考えるとこの世界プリズムの使者来すぎなんだよな。りんねはイレギュラーとしても、ルヰとシャイン、マリアを導いた使者、ジュネはプリズムの煌めきを広めるために来てるわけなので…。

 

あとシャインが響ワタルとして表舞台に立ち暴走していたという事実が発覚しましたが、もう名前がオーロラドリームのCallingsのメンバー名だし、(名前に取り乱してビジュアル確認し忘れたのでもう一度見た時にちゃんと確かめたい。ショウっぽかった気もする)そういう部分がセコすぎるんだよなって。ていうかこのあたりの詳しい話してたの11話だったかもしれん。

 

11話(シンパート)

前回不穏な感じで終わったかと思ったら0カラット!?何があったんだ…と思ったらシャイン視点を交えながらのシンくんの生い立ちを辿ることに。この話でシンはシャインの生まれ変わりではなく、綻びた封印の隙間からシン本人の煌めきを感じたシャインに憑依されたっぽい?(細かいところちゃんと記憶に留めれてないのでこれも再度確認したい)

 

でもってシンが煌めきを放つたびにシャインも力を取り戻していたようですね。PRIDE the HERO-で一度はルヰによって再度封印されるも、結局ルヰが再度シャインを開放してしまい…って感じ。プリズムの使者、愛故に世界を滅びの危機に晒しがち。1000年ってのが時系列として合わないんだよなとは思ってたんだけど、響ワタルのくだりを見るにプリズムワールドの神?がルヰのベースになってるりんねの記憶を消してる描写があったので、もしかしたらルヰとシャインは体を移っては封印を繰り返してたりするかもしれない。響ワタルの記録が残ってないのもそのせい?まあこの辺はもっと情報出ないとわかんないですね…。

 

そしてシン(シャイン)のショーの全容が明らかに。行われたのは「僕が一番みんなを愛することができる」というセリフからはとても想像できない冷たすぎるショー。いやそこまではいいとして(よくはない)(ここの背景めっちゃエヴァっぽいなって思った)シャインが出してた技なんなんだよマジで。もはや情報過多すぎて技全然思い出せないけど(全部で7つだったと思う。全部同時に繰り出してたの流石に意味わからん。だいたいは過去のジャンプの強化版だったと思うけど怒涛すぎて記憶が曖昧)、2019年にもなって「マ・ナ・ザ・シ」がCG化するとか頭おかしすぎるし、トドメの「オーロラライジング・ミラージュ」といい、過去作のオタクを物量作戦で殲滅するぞという並々ならぬ意思しか感じられない。実際シャインも物量作戦ですげえショーしてやるぜ!みたいなノリだったっぽいし。0カラット判定出た時高田馬場ジョージが「バーカ。なんでもやりすぎはよくねーんだよ」って言ってたのがめっちゃ面白かったです。

 

このあとのユニット勝負のシュワルツローズ側のショーが終わった時点でエーデルローズ敗北が決定してたんですけど、そこからの聖さんの「お前たちがエーデルローズのために作ったショーを見せてくれないか」ってセリフが本当に良かったですね。聖さんはいつでもプリズムスタァ第一って感じがします。経営の才能はないんですけどね…。あとシンくんがシャインのショーを見た時に「これは僕のしたいショーじゃない」って言ってくれたのがシンくんはちゃんと存在するって感じがしてよかったです。

 

12話(Unknown)

最後はエーデルローズのユニットショー…の前に開幕シンくんの謝罪。シャインのショーの間の記憶はシンにはなく、「ひとりよがりのショーをしてすみませんでした」と謝罪。そこで観客側から罵声の中に「なんで謝るの?」とかの声援があったんですけど、プリズムシステムで0カラットの判定が出た以上シャインのショーにときめいた観客は一人もいなかったわけで、相変わらずプリティーリズムの観客は手のひらを返すのがはえーなって思ったんですけど、そこで終わらせず、そこで泣いてる観客に気づいてシンも泣きながら謝るシーンがめっちゃ良かったし、プリズムショーをやめそうになるシンを見てそれまで泣いてた観客が拍手するシーンがさらに良かったです。

 

ユニットショーに関してはもうやべえ以外の感想が出てこない。「リンクとエンゲージ」ってワードが何を想起させるかっていうと、オーロラドリームの時にKコーチ(月影先生)の「オーラライジングは真剣にプリズムショーを愛し、リンクとエンゲージした花嫁だけが跳べるもの」なんですよ。その時には「命に代わるものを差し出す覚悟があなたにはある?」とも言っていました。そして7人のスタァは「プリズム7つの誓い」で「リンクとエンゲージ」をしました。ほんと無理。助けてほしい。

 

プリズムワールドから切り離されたのはシャインの暴走を看過しきれなくなったということなんだろうけど、煌めきを取り戻すきっかけがスタァ側からではなくて、観客側からだったのが凄く良かった。レインボーライブの時はなるちゃんが煌めきを取り戻したけど、今回観客側からだったのは、ここまで応援してくれた現実世界のファンに対する公式からの感謝なのかなってちょっと思いました。ていうか新たに擁立されたプリズムの女神がりんねの姿してるのエモすぎるし、「煌めきはあなたのそばに」ってセリフでもう涙止まらなかったよね。最近レインボーライブ第50話「煌めきはあなたのそばに」を見直したから余計に来るものがありました。

 

結果的にエーデルローズは負けましたが、仁は再開発計画を破棄。これはシャインのショーを見た仁がなんとも言えない表情をしていたのと関連があると思ってて、シャインのショーが図らずも自分がエーデルローズで指導していた「点取ゲーム」のプリズムショーの極地をしていたからなのかなって思いました(ジュネがシャインのショーを「心が感じられない」と言ったように、煌めきの存在しないショー)

 

 

シャインも封印成功したけど不穏な終わりを迎えたし、これだけとんでもないものが生み出されたにも関わらず謎が残りまくったので、なんらかの形で続きやってほしいですね。欲を言えばレインボーライブ組のその後ももっと見たい…。あとタイガとアレクにだけペアともいるのがめーっちゃ気になる。

 

おまけ:見終えた直後の僕

 

 

何度か見返して色々と細かいところ確認したいけど、何度も見ると気が狂うんじゃないかと本気で思う。

*1:監督です

*2:ガチで作るのが『プリティーリズム』の在り方『劇場版プリパラ』監督 菱田正和(第1回) | AniKo http://ani-ko.com/07-hishida01