コニ氏のブログを読むじゃんね!

Twitterに書けない、または書ききれない何かを書く場所です。基本ネタバレと主観全開な上、裏付けが適当なので信頼性皆無です。

TOKYO MX presents BanG Dream! 7th☆LIVE DAY2:RAISE A SUILEN「Genesis」 感想

バンドリ7thライブの二日目に参加しましたので感想を。

 

バンドリにとって再びの武道館公演、それも三日間開催の上うち二日間は平日と破竹の勢いを見せるバンドリプロジェクトですが、今回は二日目のRAISE A SUILENの公演だけ参加することになりました。元々RASのパフォーマンスが気になっていたのもあったんですが、何故かゲストに三澤が来ることになってて、しかもギターを弾くとかいうよくわからないことになっていたので、これは流石に参加するしかないか…という感じでした。

 

今回二日目が金曜だったのですが、19時スタートとはいえ平日イベントは参加の労力が跳ね上がりますね。久々に本気の定時ダッシュをしてしまった。というわけで、以下セトリに沿って感想を。

 

 

 

セットリスト

1. A DECLARATION OF ×××
2. EXPOSE ‘Burn out!!!'

ゲスト:前島亜美
3. しゅわりん☆どり~みん
4. もういちど ルミナス
5. 天下トーイツA to Z☆

 

ゲスト:伊藤美来
6. えがおのオーケストラっ!
7. キミがいなくちゃっ!
8. ハイファイブ∞あどべんちゃっ

 

ゲスト:三澤紗千香
9. That Is How I Roll!
10. ツナグ、ソラモヨウ
11. Y.O.L.O!!!!!

 

ゲスト:三森すずこ
12. Don't be afraid!
13. Glee! Glee! Glee!

 

14. UNSTOPPABLE
15. R・I・O・T
16. Takin'my Heart
17. EXPOSE ‘Burn out!!!'
18. A DECLARATION OF ×××

 

感想

1 A DECLARATION OF ×××

RASのパフォーマンスは初めて生で見たのですが、演奏してる人たちに多動が多すぎる!となってそのパフォーマンスだけでテンション上がってしまいましたね。曲も手を高々と掲げて高まるぞ!って感じのイントロ~Bメロからのサビ前の煽りで爆発していく感覚がマジで楽しすぎる。

 

2 EXPOSE ‘Burn out!!!'

 この曲のイントロを聞いて正常な精神を保てる人間が羨ましい。Bメロのヘドバンも気持ちよすぎるし曲中ずっと気持ち悪い動きをしてしまった。

 

 

ゲスト:前島亜美

3 しゅわりん☆どり~みん

しゅわしゅわ!どり☆どり~みん yeah!

丸山彩たむ…

 

4 もういちど ルミナス

 パスパレのバンドストーリー2章を読んだ人間がもういちど ルミナスのパフォーマンスに耐えられるわけなかった……。今回ステージがセンターに円形に組まれていて、上にディスプレイが貼られている感じだったんですけど、前島亜美さんがパフォーマンスしてる姿と、もういちど ルミナスのアニメMVが並んで映ってるのがマジでヤバかったですね。

 

5 天下トーイツA to Z☆

 前の2曲でも思ったことだけど、発展途上アイドル丸山彩と、元SUPER☆GIRLSのメンバーで、武道館にも立ったことのある前島亜美さんのシンクロはセコいんですよ。丸山彩の理想像を体現している前島亜美さんが、丸山彩を背負ってスパガ武道館以来に武道館に立つなんてエモすぎる。

 

あと前島さんの「ここはどこですか~?」ってMCで天下トーイツA to Z☆を確信して特大のガッツポーズをしてしまいましたね。ガルパで現在実装されている中でイベント時最高効率楽曲のため、協力ライブで無限に選択される曲なのと現場で高まるかどうかは関係がないということを改めて教えてくれました。

 

 映像も素晴らしかったですね。

 

ゲスト:伊藤美来

6 えがおのオーケストラっ!

 イントロが苦手。それはそれとして伊藤の弦巻の降ろし方は凄い。

 

7 キミがいなくちゃっ!

ハロハピ2章のシナリオは結構好きなので、この曲は聞けて良かったですね。

 

8 ハイファイブ∞あどべんちゃっ

 よっしゃいくぞって歌詞が入ってるのによっしゃいけない曲。

 

 

ゲスト:三澤紗千香

9. That Is How I Roll!

 マジで三澤がギター弾いてる!とは思ったものの割となんちゃってな感じでしたね。

 

 もうこの光景一生見れないな…。

 

10. ツナグ、ソラモヨウ

アフロのバンドストーリー2章を読んだ人間が三澤のコーラス入りでこの曲聞いて耐えられるわけないでしょ。三澤のギターもこの曲が一番気合入ってた気がしましたね。

 

11. Y.O.L.O!!!!!

 アフロの曲でこの曲が一番好きなので聞けてマジで嬉しかったですね。イントロすぐのイカしたギターからの加速がほんとに好きすぎるし、キャラの掛け合いが本当に素晴らしい。ほんとはScarlet Skyも聞きたかったけど、各バンド一番最初の曲→2章シナリオの曲→最新シングルの表題って感じの選曲だったのでだめでした。ハロハピもファントムシーフかわちゃもちゃのどっちかあれば…って感じでしたが、上記選曲でアレになってしまいました。

 

ゲスト:三森すずこ

12 Don't be afraid!

 バンドリの中でも上位で好きなので生で聞けてめっちゃ嬉しかったですね。

 

13 Glee! Glee! Glee!

 この曲に限らずなんですけど、RASの人たちの技術は本当に高いので、他バンドの曲も生バンで聞けてめちゃめちゃ楽しかったですね。今回はゲストコーナーでも個人的に好きな曲が多めなセトリだったので、特にそう感じる部分が多かったです。

 

14 UNSTOPPABLE

この曲で頭を振らないオタクなんなんだ。僕の首は転げてどっかにいってしまった。

 

15 R・I・O・T

菊田大輔暴力サウンドがどこをどう切り取っても強すぎて流石にねじ伏せられてしまった。

 

16 Takin'my Heart

新曲披露。スローテンポなのでようやっと休憩できた感じがありましたね。

 

17 EXPOSE ‘Burn out!!!'

 

 日本では珍しい完全撮影可タイムがあってめっちゃびっくりしました。僕はというと、席そんなに近くないし曲が強すぎて撮るのやめてました。

 

案の定というか目論見どおりというか、終演後は良い席の動画がいっぱいインターネッツに上がってて、終演直後なんかはギターの小原莉子さんがステップ踏みながら弾いてる姿とかがすごく話題になっていましたね。曲も強いパフォーマンスも強いなので、興味があったら是非みなさん調べてみてください。

 

18 A DECLARATION OF ×××

〆は1曲目にも披露したA DECLARATION OF ×××。完全にブチ上がり切った状態で浴びるA DECLARATION OF ×××があまりにも楽しすぎて完全に燃え尽きてしまった…。

 

 

 

 

 

 早く夏フェス出てほしい。

LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2019 "Ignition" 感想

10周年を前に充電期間に入っていたスフィアさんの音楽活動再開公演「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2019 "Ignition"」に参加してきましたので感想を書いていきます。というわけでスフィア結成10周年、本当におめでとうございます。

 

スフィアが充電期間に入っていたこの一年半、個人的には短いようでやっぱり長かったというか、去年の9月と11月あたりはスフィアのライブがなくてめちゃくちゃ違和感を感じていたので、僕としては待ちに待ったライブという感じでした。会場が舞浜アンフィシアターということで流石にそこそこチケット戦争になっていたようですが、特に苦労することもなく参加できてよかったです。

 

ちなみに座席は向かって右側の、会場内入る通路の真上の一番前だったので、ステージから近いわけではないもののそこそこ見やすく、なおかつ人の頭が全然被らない、目の前に人がいないのでフリコピもやりやすい感じの席だったのでまあまあ良かったなと思いました。

 

 この感じも懐かしいですね。代々木第一の時とかよくなってました。以下セットリストに沿って感想を。

 

 

セットリスト

01 Future Stream
02 A.T.M.O.S.P.H.E.R.E
03 Ding! Dong! Ding! Dong!
04 LET・ME・DO!!
05 SPHERE-ISM
06 GO AHEAD!!
07 MOON SIGNAL
08 愛の陽/高垣彩陽
09 Another Wonderland/寿美菜子
10 らくがきDictionary
11 Spring is here
12 クローバー/豊崎愛生
13 オレンジレボリューション/戸松遥
14  NEVER ENDING PARTY!!!!
15  Miracle shooter
16 HIGH POWERED
17 vivid brilliant door!
18 Planet Freedom
19 Non stop road

アンコール
20 君が太陽
21 Super Noisy Nova
22 Music Power→!!!!
 

 

感想

01 Future Stream

Endless Anniversaryの最後の部分が流れてきた瞬間もうダメだったよね。Future Streamで始まるのは割と予想の範疇だったんですけど、とうとう充電開けたんだな…!って感じになってめっちゃエモかったですね。

 

幕が上がった時一番最初に思ったのが、今日バンドメンバーいないんだって部分だったんですけど、後のMCで「今回は原点回帰という意味も込めて、敢えてのオケ音源でのライブにしました」っていう説明があったので納得しました。Ringsツアー公演の始まりオマージュって感じがめちゃくちゃしてすごく良かったです。

 

ちなみに今回新アルバムと秋のツアーがが発表されて、ツアーのタイトルがA10tionってタイトルらしいです。また、細かいところはまた下で書きますが、アルバムリード曲の新曲Music Power→!!!!も本当に良かったですね。

02 A.T.M.O.S.P.H.E.R.E

 アトモの腕ぐるぐるする振り付け見るのも、フリコピするのも久々だなあってなったよね。Future StreamA.T.M.O.S.P.H.E.R.Eの流れ、1stアルバムを思い出させる構成でめっちゃセコいなって思いました。

 

03 Ding! Dong! Ding! Dong!

今日マジでキラーチューンしかやるつもりないな?ってなったのがこの曲くらいでしたね。充電期間挟んでるから新曲とかもないし、メンバーみんな意気込みが凄かったので納得といえば納得なのですが。

 

04 LET・ME・DO!!

レミド、前回のツアーで一生分フリコピした気がしたけどやっぱめっちゃ楽しかったわね。オケ音源なので無限ウォッオーオがなかったのはちょっと物足りない感じもしましたが。

 

05 SPHERE-ISM

SPHERE-ISM入る前のMCで戸松さんが「ここからが私達のスタートなので」っていう発言からのSPHERE-ISM、前回ツアーを思い出してめっちゃエモくなっちゃいましたね。この曲はツアーを重ねるごとに好きになった気がするので。

 

06 GO AHEAD!!

ゴーアヘの「連れてくよ果てまで」って歌詞がめちゃくちゃ好きなんですけど、10周年の活動再開公演でセトリに入れてきてくれるのが本当に嬉しかったですね。この曲はOrbitツアーの印象がとても強いので、パフォーマンス見るたびにあの時の爆発力を思い出して高まってしまう。

 

07 MOON SIGNAL

久々に聞けたのが嬉しすぎてイントロの振りの決め間違えたり、最近は意図的に無視してフリコピしてて、あまりやってなかったサビの飛びポイントで無意識に飛んでたりと割とカチャついてしまいましたね。今回発表された秋のツアーでもなんだかんだどっかでやりそうな気がするのでその時までに感覚を取り戻しておきたいところ。

 

08 愛の陽/高垣彩陽

聞くたびに曲の構成がぶっ壊れてるなと思いますね。

 

09 Another Wonderland/寿美菜子

オケ音源物足りねえ~。去年浴びたバンド演奏で一生飛ばせにくるやつまたやってほしいです。

 

10 らくがきDictionary

個人的に今回のセトリで一番意外だったのがこの曲。後ろのスクリーンに本みたいな映像が出てきたので今までの振り返りの写真とか流すのかなって思ってたら全然違いましたね。

 

「元気で過ごしてるはずでしょ 電話さえできないほど
いつか突然会ったなら 君にぶつけたい思い出は
胸にある切ないまま ずっとずっと 持ってるよ」って部分マジでヤバかったですね…。

11 Spring is here

Spring is here、出たしくらいはバラードの皮を被ってるにも関わらず多動の曲だと気づくのに数年かかった気がする。そういえばいつのまにかPPPHが死滅してたんだけど、いつくらいだろうとか思ってました。少なくとも充電前最後の公演にはなかった気がしますね。

 

12 クローバー/豊崎愛生

ソロ曲を分けて披露する構成、めちゃくちゃ前にやってた記憶があるのでそこも原点回帰なのかなあと思ってました。

 

13 オレンジレボリューション/戸松遥

何度聞いてもこの曲は本当に楽しいので、乱発するならQ&Aよりこっちをやってほしいという気持ちになりつつありますね。

 

14  NEVER ENDING PARTY!!!!

何度聞いてもこの曲一生振りが覚えられねえ。前回のツアーの後半で変動枠に入ってたからそこで覚えられるかなって思ったけど完全に抜けてました。

 

 早替え一瞬すぎて流石にびっくりしたよね。オレンジレボリューションの衣装があんまり着込んでるふうに見えなかったのと、ここからの衣装がわりかしシルエット大きめだったので上から被せたのか?と勝手に推測してました。

 

15  Miracle shooter

リラダンスがなくなってたのが寂しかったですね。この曲も途中まで普通に振りが抜けてたので次のツアーでもやってほしいですね。

 

16 HIGH POWERED

 こういう「遊び」ができるのが最近どんどん緩くなってきてるスフィアっぽさがありますよね。NEVER ENDING PARTY!!!!の時からステージ上にブロックで「SPHERE」って作られてたんですけど、この曲でHとPだけ残ってHPになってたのくだらなさすぎてめっちゃ面白かったです。

 

17 vivid brilliant door!

アンフィの通路に出てきて歌ってたので、ステージより近くで見れた代わりに振り付けがまあまあ死んだなって思ってました。ステージに戻る際、豊崎さんが車椅子エリアにいた方にお辞儀をしていたのがめっちゃ印象的でしたね。豊崎さん、こういう礼儀正しさみたいなのが見えることが多い気がします。

 

18 Planet Freedom

振り付けありで見たのいつ以来だろう。サビの振り付けが本当に好きなので、前回のツアーでアコステで聞いてたとはいえなんというか物凄く懐かしい気分になりました。rinoさん作曲の綺麗なメロディラインと、「Freedom」というスフィアを体現しているような単語、Third Planetというアルバムが出た頃の爆発力、全ての要素が合わさって言葉では言い表せないような感情を抱いていました。

 

19 Non stop road

 わかり合いの部分、1回始動のタイミングを目から離す方で開始しちゃってカチャカチャになったのめっちゃ悔しかったですね。Non stop road、基本中盤を支える役が多かったので、最後に来るのはめっちゃ珍しい気がしましたね。

 

アンコール

20 君が太陽

君が太陽の「心から ありがとう」って歌詞でスフィアにありがとうを叫べるのが昔から好きなのでセトリに入ってて本当に嬉しかったですね。

 

21 Super Noisy Nova

ちなみに昔から表ノヴァで飛んでます。昔は裏ノヴァが主流だった気もするけど今は表が主流な気がしますね。

 

22 Music Power→!!!!

 Music Power→!!!!、前日のチョコ祭りでMVが流れた時、MVがヤバすぎて普通に泣いてしまったんですけど、今回改めて曲聞いたら普通に曲としてもめっちゃ好きな感じでしたね。作曲のrinoさん、編曲の酒井拓也 さん、作詞のスフィアメンバーrinoさんのいい感じに相互作用しててめっちゃいい曲に仕上がってましたね。

 

Planet Freedomの「変わらないために変わる」って歌詞、スフィアが"次"に進めるために充電に入った時のことを重ね合わせてしまってそれだけでもエモいのに、充電明けの新曲にこんな歌詞入ってたら死人になるでしょ。ソロパートは個人で作詞してるらしいので、戸松さん本当にありがとうといった感じでした。

 

今回は充電明けということで、選曲がかなりパワー型に振り切れていて、10周年に賭けるメンバーの熱意みたいなものを感じ取れた公演だったように思いました。メンバーがそれぞれどうしても歌いたい曲を10曲まず持ち寄って作ったセットリスト、原点回帰というテーマなど、昔から追いかけてきた人ほどエモさを感じ取れたのではないかなと思います。秋のツアーはおそらくアルバム曲が大半を占めることになると思うので、まずはアルバムを楽しみにしておこうかなと思います。スフィアとしては珍しく新曲10曲もあるし。

 

 次のツアーは何ページ埋まることになるんでしょうか。

2018年 アニメ 話数単位10選 + シリーズ単位10選

 2018年に見たアニメから話数単位で10選、シリーズ単位10選をそれぞれ選出しました。シリーズ単位のほうはサラッと書いていこうかなと思います。順番は適当です。話数単位の方は長くなりそうなので一覧作りますが、シリーズ単位はめっちゃさらっと書いたので一覧作りません。

 

ちなみに、ざっくりカウントですが2018年は短編、短クールとか全部ひっくるめて217本くらい見てたみたいです。新作アニメ増えすぎててマジでヤバい。

 

【条件】

・2018年1月1日~2018年12月31日内で放送されたアニメ

・1アニメ1話

・年跨ぎの2クールは終了した年にカウントする

・3クール以上放送されているものは放送話数が多い方の年にカウントする(この場合のみ完結してないものも取り扱う)

 

【話数単位一覧】

 

 

ベイブレードバースト ゴッド 第51話「バルトVSシュウ!!」

www.tv-tokyo.co.jp

あらすじ

ゴッドブレーダーズカップ勝戦、バルトvsシュウ!かつて2人が交わした、決勝でバトルをする約束は、海を越えて今この舞台で果たされる。スプリガンと化したシュウと、ヴァルキリーと共鳴するバルト。全てをかけて戦いにのぞむ彼らの中にあるのは、親友に勝ちたいという想い。運命のラストバトル!!世界の頂点に立つのはどちらか!?

 

 

2018年に放送されたアニメの中で、最も迫力のあるバトルシーンを描いていたのがこのベイブレードバースト ゴッド 第51話「バルトVSシュウ!!」でしたね。前シーズンではとうとう果たされなかったバルトとシュウの本気の決着は、強くなるために全てを破壊することを決意し、レッドアイと名乗るようになった紅シュウと、どこまでもベイブレードを楽しんできた蒼井バルトの世界一決定戦。その決着を見事表現しきったバトルシーンはまさに圧巻でした。これをリアル男児として見ることができた世代が羨ましすぎる…。

 

f:id:konitan28:20190119211145j:plain

大一番最後、バルトのジャンプシュート格好良すぎる

 

f:id:konitan28:20190119211251j:plain

f:id:konitan28:20190119211315j:plain

f:id:konitan28:20190119211325j:plain

スタジアムの壁に当てて軸先変えるのヤバすぎるでしょ

 

f:id:konitan28:20190119212124j:plain

f:id:konitan28:20190119212137j:plain

f:id:konitan28:20190119212149j:plain

f:id:konitan28:20190119212257j:plain

f:id:konitan28:20190119212313j:plain

f:id:konitan28:20190119212703j:plain

f:id:konitan28:20190119212732j:plain

f:id:konitan28:20190119212748j:plain

f:id:konitan28:20190119212816j:plain

f:id:konitan28:20190119212330j:plain

f:id:konitan28:20190119212343j:plain

f:id:konitan28:20190119212353j:plain

f:id:konitan28:20190119212924j:plain



f:id:konitan28:20190119212414j:plain

 

f:id:konitan28:20190119212430j:plain

勝利の2カメ→ヴァルキリーもバーストの流れほんとに良すぎる…。

 

アイカツスターズ!第96話「みんなで輝く!」

www.aikatsu.net

 あらすじ

アイカツ!ランキング決勝ステージ』――ついに、虹野ゆめの出番がやってくる。エルザのあっとう的なパフォーマンスを目の当たりにした、ゆめの“想い”。それは、アイドルみんなで光り輝き、まわりの人すべての心をかがやかせたい、ということ。この“想い”は、エルザの心にも届けたい。そう決意し、ゆめがステージに上がる――!

 

 

アイカツスターズ!2年目終盤は、今までアイカツスターズ!を見てきた人間の感情を破壊しに来る話ばかりでしたが、個人的には「みんなで輝く!」以外の選出はありえないなという感じですね。主人公虹野ゆめが太陽のドレスを獲得し、世界一に輝くシーンは涙なしには見れないですし、この話が歌唱担当の卒業公演アイカツ武道館の翌日に放送されたのも偶然の産物とは思えないレベルでしたが、実際この話が凄いのはそれだけではなく、ライバルであるエルザ・フォルテの家庭環境への回答を後半で盛り込んでいるところ。

母親から認められたい一心でアイカツをしてきたエルザ・フォルテ。その母親はエルザのステージをこれまで見に来たことはなく、基本放任主義。そして、母親に認められたい一心でアイカツをしてきたエルザのために母親を無理やりに引っ張り出してきたのは、他ならぬエルザの仲間たちヴィーナスアークの面々。こういった周辺環境の話も上手くまとめた上で、ゆめとエルザの主人公対決を着地させたのは本当に素晴らしかったですね。

プリティーリズム・レインボーライブ第24話「ひとりぼっちの女王」みたいにならなくて本当に良かった…。*1

 

f:id:konitan28:20190120191923j:plain

無事ステージを終えたゆめに号泣しながら抱きつくあこのシーンめっちゃ良くないですか?

 

f:id:konitan28:20190119213655j:plain

アイカツは自分の否を認められる大人が多い印象がありますね。

 

f:id:konitan28:20190119213552j:plain

エルザの母親を無理やり引っ張ってきた人たちのこのドヤ顔ですよ。最高すぎる。

 

 

アイドルタイムプリパラ 第50話「夢のツバサで飛べマイドリーム!」

www.tv-tokyo.co.jp

あらすじ

パックの中に突入するゆい達。しかしパックの中はアイドル達の負の感情で埋め尽くされていた。一方、眠り続けるらぁらは夢の中でパックとアイドル達の悲しみを溶かすために闘っていた。アイドル達の本来の夢を取り戻し、パックの悲しみを溶かすべく、ゆい達はライブの力を信じてもう一度マイクを握る。

 


アイドルタイムプリパラ総まとめの回は本当に涙なしには見れませんでしたね。孤独と悲しみに囚われ、意地でもみんなを受け入れようとしないパック。それを救ってくれたのはやはりアイドルたちの歌。パックを救うシーンで使われた使われたそらみドレッシングの「Memorial」、そしてMY☆DREAMの「Believe My DREAM!」、この2曲のたたみ掛け方が本当にやばかったですね。

そしてメイキングドラマの「み~んな集まれ!アイドルはじめる時間だよ!アイドルタイム夢オンリーワン!」はこれまでのアイドルたちが全員集まっての「船出」。アニメのプリパラの放送は終わるけど、アイドルたちはどこかで頑張っている、だから見ているみんなも頑張るんだよ、そう言われた気がして本当に救われた気がしました。EDがレインボウ・メロディだったのもめっちゃ良かったですね。ただ、欲を言えばMY☆DREAMの活躍がもう一年見たかった…。

 

f:id:konitan28:20190120192805j:plain

「やる気!」「元気!」「寝起き!」はちゃんと伏線だった。

 

f:id:konitan28:20190120192942j:plain

f:id:konitan28:20190120193049j:plain

f:id:konitan28:20190120193146j:plain

f:id:konitan28:20190120193245j:plain

3カメかしこま起床からの真中のんさんが目を覆ってるのマジでヤバすぎる。

 

f:id:konitan28:20190120194720j:plain

推しカプツーショット

 

f:id:konitan28:20190120194620j:plain

この決めポーズほんっとに好きだったから最後見れてほんとに嬉しかったですね。

 

f:id:konitan28:20190120194808j:plain

神。

 

f:id:konitan28:20190120195041j:plain

f:id:konitan28:20190120195103j:plain

f:id:konitan28:20190120195111j:plain

f:id:konitan28:20190120195148j:plain

f:id:konitan28:20190120195228j:plain

プリティーリズム・オーロラドリームのオーロラライジング・ドリーム感ありません?


アイカツフレンズ! 第23話「叫ぶ、瞬間」

www.aikatsu.net

 あらすじ

スターハーモニーカップで負けた事が悔しい舞花。ダンシングミラージュのミューズを目指し、張り切って仕事をするが、デザイナーのノアから厳しい評価を受けてしまう。そんな時、あるお祭りが開催されることを聞く。普段なら二つ返事で参加する舞花だが……?

 

 

f:id:konitan28:20190119175435j:plain

f:id:konitan28:20190119175450j:plain

f:id:konitan28:20190119175503j:plain

f:id:konitan28:20190119175512j:plain

f:id:konitan28:20190119175525j:plain

f:id:konitan28:20190119175534j:plain

f:id:konitan28:20190119175549j:plain

f:id:konitan28:20190119175618j:plain

f:id:konitan28:20190119175632j:plain

f:id:konitan28:20190119175702j:plain

2018年僕的最もキャラが魅力的に描かれていた大賞はこの話で間違いない。アイカツフレンズ!、ハニーキャットの回はだいたいめちゃくちゃ気合が入ってる気がするし、スタッフの中にハニーキャット大好きさんがいるような気がしますね。舞花のダンシングミラージュミューズ就職回としても満点のシナリオでしたし、やっぱりアイカツフレンズ!はハニキャファンにならざるを得ない。

 

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第10話「愛する人は ずっと見守っている」

violet-evergarden.jp

あらすじ

マグノリア家の屋敷につながる白樺の一本道を、大きなお人形が日傘を差して歩いて来た。
冬の初め、屋敷にやって来た自動手記人形、ヴァイオレット・エヴァーガーデン

マグノリア家の一人娘・アンは、好奇心旺盛でお母さんが大好きな女の子。
けれど、最近は気分が晴れない。
母の体調が芳しくない上に、訪ねて来る客が後を絶たない。
一緒におままごとをすることも、本を読むことも、虫を捕まえることもできない。
手紙を書くために母が招いたという「お人形」も、きっと私から母を奪う存在に違いない。

それから、母はヴァイオレットと二人きりでアンに内緒の手紙を書き始めた。
母に近づけないアンの心には、ますます不安が募る。

アンは、誰に宛てたものかもわからない手紙を書くより、少しでも自分と一緒にいて欲しいと願う。
それが叶わないのなら、「せめて手紙を書いている側でお母さんの手を握らせて欲しい」
だって、もう母に残された時間がないことを知っているから……。

それすらも許されず、胸が張り裂けそうになるアン。
わがままを言って、母を悲しませたいわけではないのに、涙が止まらない。
「手紙なんて届かなくていい」と泣きじゃくるアンに、ヴァイオレットは優しく告げる。
「届かなくていい手紙なんて、ないのですよ」
そう言って、ヴァイオレットはアンをそっと抱きしめた。

ヴァイオレットが屋敷を去る日。アンはヴァイオレットのあたたかな頬に小さなキスをした。
その時、ヴァイオレットが「お人形」ではなかったと知るアン。
ヴァイオレットは、愛らしいアンに優しく微笑みかけた。

ヴァイオレットがアンに内緒で代筆した手紙。
それは、50年間にわたってアンの誕生日に届く、母からの手紙だった。
将来、母が亡き後もアンは手紙によって、母の愛情を受けて育つ。

遠く離れたところにいる、母に見守られながら。

 

 

「未来に対して手紙を出す」って手法はまあまあ色々なところで見られる手法だと思うんですけど、この話では「娘の未来」を何より大事に考える母親と、「母親との今」を切望する娘の感情の対比がめちゃめちゃよく表現されていましたね。特にアン役の諸星すみれさんの演技が本当に素晴らしかったのが印象的でした。また、最後のシーンのアンへのヴァイオレットの重ね合わせも本当に素晴らしかったし、終始涙なしには見れない1話でしたね…。

 

f:id:konitan28:20190120200700j:plain

f:id:konitan28:20190120200817j:plain

ヴァイオレットのことを本物の人形だと思ってるアンがヴァイオレットに向かって「飲んだ紅茶どうなるの?」って問いかけした時に「いずれ体内から排出されて大地に還りますが」って真顔で返すヴァイオレット好きすぎる。

 

 

f:id:konitan28:20190120202654j:plain

f:id:konitan28:20190120202721j:plain

f:id:konitan28:20190120202736j:plain

頬にキスして初めて人形じゃないことに気づくアンめっちゃかわいいですね…。

 

ルパン三世PART5 24話 「ルパン三世は永遠に」

lupin-pt5.com

あらすじ

ルパン三世は、ネット上から完全に姿を消した。行方がつかめないルパンによってヒトログに書き込まれ続ける機密情報で、世界中は大混乱。各国はついに業を煮やし、ヒトログを停止させるために、シェイクハンズ社への武力行使を決行する。そして、戦場と化したオリグ島に、ついにルパンが姿を現す!――ルパンのヒトログ攻略・最大の秘策とは?

 

 

ルパン三世峰不二子の関係性、ルパン三世という作品を見たことある人だったら一度は気になって色々と調べたりすると思うんですけど、まさかその関係性が進展するシーンを見れるなんて思わなかったですよね。

 

f:id:konitan28:20190120012028j:plain

f:id:konitan28:20190120012036j:plain

f:id:konitan28:20190120012051j:plain

f:id:konitan28:20190120012100j:plain

不二子対していつもの口調で「愛してるぜ」と語りかけるルパン三世、「そんなの知ってるわ」と返答する峰不二子。ここまではいつもの感じですが、不二子の「私は、あなたの何?」とという問いかけに対して、ルパンは「俺もさ、考えたんだよ。お前に言われてから色々と。けどな、実は俺も良く判ってないんだよ。ルパン三世が何なのか」という返答を返します。

 

当然不二子は納得するわけもなく、「また、逃げるの?」という問いかけを行います。それに対して、「判らないなりに考えて、今日はその答えを持ってきた」と言って取ったルパンの行動がこれですよ。

f:id:konitan28:20190120012108j:plain

f:id:konitan28:20190120012116j:plain

f:id:konitan28:20190120012125j:plain

f:id:konitan28:20190120012133j:plain

ルパン三世の素顔は次元も五右衛門も含めて誰も知らない」っていう設定が書き換わった瞬間ですよね。いやあ本当に良いものを見た…。

 

f:id:konitan28:20190120012140j:plain

f:id:konitan28:20190120012147j:plain

f:id:konitan28:20190120012158j:plain

最後にいつもどおりの逃走劇で終わる、素晴らしい〆ですね…。

 

 

ゆるキャン△ #5「二つのキャンプ、二人の景色」

yurucamp.jp

あらすじ

地元グルメや温泉の誘惑に勝ったり負けたりしながら、なんとかキャンプ場に辿り着いたなでしこたち。さっそくテントを立て、焚火を起こし、キレイな景色を見ながら煮込みカレーに舌つづみ。長野へ向かったリンは、高ボッチ高原でスープパスタ作りに挑戦。カレーめんとは一味違う手作りごはんの美味しさを堪能した。すっかり夜も更けて、寝る前にリンとメールをしていたなでしこは、リンに夜景を見せようとテントを抜け出して……。

 

サービス温泉シーンやうまそうな飯のシーンもありつつ、野クルとしまりんのグルキャンソロキャン対比の描写がとにかく素晴らしかったですね。これ系の作品ってワイワイみんなキャンプ!wみたいな感じになりがちだと思うんですけど、ソロキャンの描写も丁寧なのはめちゃくちゃ高感度高かったです。

 

f:id:konitan28:20190119205504j:plain

ブラ紐が浮いてる+ストッキングからパンツが透けてる = 10億点

 

f:id:konitan28:20190119205037j:plain

夜景のシーン、違う景色を後ろから並んでる構図にしてるのめっちゃ良くないですか?

 

 

SSSS.GRIDMAN #05 「挑・発」

gridman.net

あらすじ

校外学習で街の外へ向かう裕太たち。記憶喪失の裕太は初めてのことばかりで浮かれていた。山間の河原でクラスメイトたちとラフティングを楽しむ裕太に近づくアカネ。始めてアカネの意外な面を知る裕太。そして山に現れる最大級の怪獣。しかしジャンクショップまで戻らなければ、裕太はグリッドマンに合体出来ない。初の変身不能の事態となる。

 

 

f:id:konitan28:20190120022614j:plain

f:id:konitan28:20190120022627j:plain

f:id:konitan28:20190120022638j:plain

f:id:konitan28:20190120022649j:plain

f:id:konitan28:20190120022705j:plain

f:id:konitan28:20190120022714j:plain

f:id:konitan28:20190120022722j:plain

f:id:konitan28:20190120022728j:plain

2018年、質アニメといえばグリッドマンみたいなところありましたけど、2018年に放送されたアニメの中で最も女体が素晴らしかったのがこの1話だったと思います。

f:id:konitan28:20190120022817j:plain

f:id:konitan28:20190120022826j:plain

f:id:konitan28:20190120022835j:plain

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおどっからスマフォ出してんねんってクソデカ大声が出たよね。

f:id:konitan28:20190120022936j:plain

こういう非日常水着カット好きですね…。


宇宙よりも遠い場所 STAGE05 Dear my friend

yorimoi.com

あらすじ

訓練を終えてから数ヶ月が過ぎ、南極へと旅立つ日が近づいてきたある日。リンの手伝いもあって、どうにか南極へと持っていく持ち物の荷造りを終えたキマリは、めぐみから借りたまま、てっきりなくしてしまったと思っていたゲームを見つける。めぐみにゲームを返すついでに、久しぶりだからとゲームで遊び始めたキマリは幼い頃の思い出を話し始めるが、めぐみは覚えていない様子で……。

 

今まで南極行きの準備で色々あったのはだいたい親友であるはずのめぐみが原因だった、というのがめぐみ本人から告白される回ですね。人は下を見て安心するもの、という人間関係の本質に迫ったお話。僕みたいな人間には本当に刺さってしまいますね。

 

f:id:konitan28:20190120024122j:plain
「人には悪意があるんだ。いちいち向き合うな」

その悪意ってのが向き合わないといけない人間から向いてくるの、人生って感じじゃないですか(適当)

 

f:id:konitan28:20190120175411j:plain

「絶交しに来た」ってワードをこの表情で放ってくるのかなりヤバくないですか。

 

f:id:konitan28:20190120175007j:plain

「ここじゃないとこに向かわないといけないのは、私なんだよ!」

 「やっと踏み出そうとしてるんだぞ、お前のいない世界に」

 この辺のセリフ、贖罪のようで完全に自己満足って感じしませんか?キマリが南極に行く出発の日の朝に言いに来ることかよ。

 

f:id:konitan28:20190120181540j:plain

f:id:konitan28:20190120181621j:plain

こんだけのことされて「絶交無効」で許すキマリちゃん聖人すぎませんか…。

 

f:id:konitan28:20190120183858j:plain

f:id:konitan28:20190120183923j:plain

f:id:konitan28:20190120184117j:plain

f:id:konitan28:20190120184134j:plain

「澱んだ水が溜まっている。それが一気に決壊するのが好きだった。決壊し、開放され、走り出す。淀みの中で蓄えられた力が爆発して、全てが、動き出す」ってセリフからのEDテーマ「ここから、ここから」のイントロが流れてくるの、流石にあまりにもセコかったですね。

 

 

甘い懲罰~私は看守専用ペット episode5「脱獄」

kanshu.cf-anime.com

あらすじ

脱獄の決行日――それは明神亜貴が2週間に一度必ずいなくなる日。
亜貴は入院中の母親の元を訪れていた。回復の見込みが低いことを伝えられ、やり場のない怒りに表情を歪める亜貴。
一方、陽菜はついに脱獄を実行に移し、まるで迷路のような長いダクト内を必死に進んでいた。
やがて前方にうっすら光が見え、いよいよ出口にたどり着いた……と思ったその時。
陽菜の後方から人が追ってくる気配がする。
その正体は……不在だったはずの明神亜貴だった――!!

 

 2018年に放送されたアニメの中で一番笑ったのがこの話でした。

 

 

【シリーズ10選】

宇宙よりも遠い場所

シリーズ通して「ここではないどこかへ」っていう主題と「感情」の描き方が抜群でしたね。

 

ゆるキャン△
キャンプが楽しそう、飯がうまそう、キャラが魅力的の三拍子揃った感じでほのぼの話が進んでいったのが良かったですね。

ぐらんぶる

2018年に放送されたアニメの中でも終始一番くだらない理論が展開されてたけどそこが本当に良かったです。

 

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

最初は本当に人形みたいだったヴァイオレットが、手紙と人との繋がりを通じてどんどん人間らしくなっていったのを、絵もシナリオも凄く繊細に描いていたのがめっちゃ良かったですね。

 

メガロボクス

あしたのジョーのリメイク(あってるのか)って感じなんですけど、ハードボイルドテイストで本当に格好良かったですね。あんまり見てる人いなかった気もするけど、2018年真の質アニメって感じでした。

 

LOST SONG

歌王朝とか言われてたけど、シナリオの仕込みとどんでん返しの感じがめちゃくちゃ好きでしたね。

 

からかい上手の高木さん
高木さんとかいう女一生勝てねえ~~~。J-POPカバーのEDもめちゃくちゃ良かったです。

新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION

2018年の男児アニメはシンカリオンが掻っ攫っていった感ありましたね。対抗馬ゾイドワイルドって感じでしたが、主人公のハヤトが好きなのでシンカリオンに軍配って感じです。

 

抱かれたい男1位に脅されています。

男の裸と濡れ場の表情の描き方がめっちゃ好みでした。

 

グラゼニ

原作ずっと読んできてるんですけど、中堅のオッサン投手作品の主人公を落合博満の息子(職業声優)がやってるのぴったりでしたね。

*1:プリティーリズム・レインボーライブ第24話「ひとりぼっちの女王」は描写こそドキツいですが、蓮城寺べるの成長に大きく関わる大事な回で、この回なくしてプリティーリズム・レインボーライブは語ることができない大事な回です

10年以上推してる推しが結婚した

戸松遥さん、ご結婚本当におめでとうございます。

 

ameblo.jp

 

皆さんの中には聞き及んでる方も多いと思いますが、2019年1月11日に、僕がオタクになった初期の初期、それこそ10年以上ずっと推してきた戸松遥さんの結婚が発表されました。ついに自分が真剣に推してる人の「ご報告」を浴びることになりました。

 

 

正直な話、めちゃくちゃ嬉しいです。ていうかぶっちゃけオタクの知り合いが結婚するより感慨深いというのが正直なところです。というわけで「お気持ちブログ」を期待していた人はごめんなさい。そういう感じではないのでここで読むのをやめて大丈夫です。

 

 

実を言うと、第一報を見た時は嬉しく思いつつもめっちゃ驚いたんですけど、驚いた理由っていうのが「スフィアメンバーで二番目に結婚したのが戸松さんだった」という点についてで、「戸松さんが結婚した」というの自体は全然驚きがなかったんですよね。

まあ昔から女子力を追い求めていたり、今でもラジオで大人の女性を目指すコーナーを取り入れてたり、トーク部分とかでも普通に結婚願望について話していたり、ライブでも一部の曲でそれっぽい演出とかあったりして、なんとなくそういう部分を察していたせいもありますが…。

 

 

ただまあ最近の戸松さんを観察してるとあまりにも面白方向に振り切れていることもあって、しばらく結婚しそうなイメージがなかったというか、戸松さんが結婚するとしたらスフィアメンバーの中でも後半かなって思っていたのも事実で、僕の予想だと豊崎さん→寿さん→高垣さんと戸松さんのチキンレースって順番の予想を立てていたので、そこがすごく意外だったんですよね。

そういった余計な心配をしてたところもあって、良い時期に幸せを掴んだなあ、良かったなあっていう安堵が一番強かったんですよね。お前何様だよって感じですが…。

 

 

 僕が戸松さんにハマったきっかけ、実は結構あやふやにしか覚えていなくて、確か「かんなぎ」とか「神曲奏界ポリフォニカ」とかが放送されたあたりに本格的に深夜アニメにハマりだして、その時にキャストのクレジットも見るようになってヒロインの声とかを調べてたら戸松さんに行き着いたとか多分そんな感じだったと思うんですが、それがだいたい2007~2008あたりなので、本当に10年以上追いかけてきたことになるわけで、現在ストレート大卒社会人四年目の僕にとって戸松さん関連の何かが下手すると青春時代の半分くらいを占めていたような気がします。少なくとも、戸松さん単独とかスフィアとかのイベントに行くようになっていなければ今みたいな交友関係にはなっていなかったと思っています。

長いこと追いかけてると、「戸松さんが結婚した時僕はどう思うんだろう」っていうのが頭をよぎることもあったんですけど、いざそういう場面になったらめっちゃ嬉しかったので、普段斜に構えがちな僕でもそこはそうならなくて本当に良かったなって思います。

 

 

ちなみに昔「なんで戸松さんは長いこと追いかけてられるんだろう」って自問自答したことがあるんですけど、言動が面白い、歌やパフォーマンスが好き、演技が凄いとか色々あるんですけど、やっぱり感情をそれこそ全身で出してくれる部分なんじゃないかなあと思っていて、戸松さんのことだから結婚したからといってこれまでとそういった部分が変わるわけでもなく、ちょっと幸せ成分の増えた近況とかが増えるだけなんじゃないかなって思ってます。なので、僕も特にスタンスを変えることなく、そういう部分を楽しみにしながら追いかけていこうかなって思います。

 

 

あとこれは至極どうでもいい個人的な見解なんですけど、戸松さんと結婚した「一般の方」、戸松さんを受け止めて結婚までいける時点で相当器がデカいか変人かのどっちかじゃないかなあと思ってます。相当失礼なことを言ってる

 

 

では戸松さんが末永く幸せであることを祈って。あと2019年こそはバスカッシュ!プリティーリズム・レインボーライブの曲を歌ってください。

2018年 麺 10選

 

2018年に食べたラーメンの中から10杯を選びました。ちなみに2018年の杯数は272杯。前年対比+17杯になりました。

 

条件

・2018年に始めて食べた麺

・1店舗につき1杯

・限定は対象内

 

醤油らぁ麺+鶏茶漬け/らぁ麺 はやし田

東京都新宿区新宿3-31-5 新宿ペガサス館 1F

今年は頭からとんでもない新店舗に出会ってしまった。この写真のは本店(新宿)のやつで結構混んでることが多いんですけど、最近池袋にも新店舗ができてそっちは空いてることが多いので池袋行ってみるのも手です。

 

tabelog.com

 

 ちらし麺 竹/鮮魚鶏出汁麺 沢むら

神奈川県藤沢市大鋸999-8

めちゃくちゃ美味しいのもそうなんですけど、食べてて本当に楽しい一杯でしたね。他にもメニューが結構あるので潰したいところなんですが、車がないと行きづらいのが悩みどころ。

 

tabelog.com

 

限定 汁なし和カレー/ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店

愛知県名古屋市中区新栄2-27-12

歴史新栄、来るたび限定がやってないタイミングのことが多すぎて、初めて限定食べたけどありえないくらいうまかったので食べる機会が二度となさそうなのがマジで惜しい。

 

tabelog.com

 

イリコそば/麦と麺助

大阪府大阪市北区豊崎3-4-12

スープ飲んだ瞬間マジで鳥肌立ちましたね。今年食った大阪の麺ではNo.1でした。

 

tabelog.com

 

ゴワゴワ 小 ニンニク/自家製麺 うろた

福島県福島市新町3-14 上州ビル 1F

二日酔いでありえん体調が悪かったのにこんな暴力的な麺を満面の笑みで食えたということ自体がこの麺の旨さを証明していたと思う。

 

tabelog.com

 

天空/スパイスらぁめん釈迦

東京都豊島区池袋2-18-2 オーロラビル 1F

今まで食べたカレーラーメンとは全然嗜好が違う感じでめっちゃ新鮮な美味しさでしたね。スパイスが大丈夫な人は一度食べてみて欲しい。

 

tabelog.com

 

しらすと生海苔の山葵和えそば/㐂九八 Garage 

埼玉県所沢市北原町902-1

こんなワサビがうまくて爽やかなラーメン初めて食べましたね。

 

tabelog.com

 

塩/中華そば きなり

埼玉県所沢市松葉町13-17

柚子の果肉がマジでうまかったですね。僕が醤油より塩が好きになる店舗ってなかなかないのでそういう点でも凄かったですね。

 

tabelog.com

 

限定 生姜醤油/煮干しつけ麺 宮元

東京都大田区西蒲田7-8-1 1F

僕のために作られたんじゃねーかみたいなあまりにも刺さりすぎる生姜醤油だった。このためにクソ寒い中外出したけどその甲斐はあった。

 

tabelog.com

 

 年末限定 鮭と羅臼昆布の塩そば スープ茶漬けセット/カネキッチンヌードル 

東京都豊島区南長崎5-26-15 マチテラス南長崎 2F

今年食ったカネキッチンの限定の中では一番うまかったですね。推し麺。

 

 

番外編 変な麺とか特殊なやつ

 

チョコ担々/麺や庄の

東京都新宿区市谷田町1-3 クレセントビル 1F

チョコ麺①。来年は食わないと思います。

 

tabelog.com

 

限定 まぜそば チョコレートスパイシー/らーめん カッパハウス 

埼玉県所沢市旭町2-1

チョコ麺②。こっちは今年も食ってもいいかなって思いますね。

 

tabelog.com

 

醤油ラーメン/山口屋

静岡県駿東郡小山町須走 255

富士山頂で日の出を見たあと食べるラーメンはうまい。

 

www.fujisan-yamaguchiya.com

 

大岩ラーメン特鳥 固め/ラーメン 大岩亭

愛知県安城市緑町1-16-9

次はまりお流のオリンポスに挑みたいと思います。

 

かき揚きしめん/住よし 名古屋駅14-15番線三両目付近店

愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4

新幹線乗る前のちょっとした時間で食べられるのが凄く良いですね。

 

毎年のように思ってますが、あんまり新店舗を開拓できずに既存店舗の限定ばっかり食べてることが多かったように思うので、今年はちゃんと新店舗を開拓したいと思います。

2018年 イベント 10選

2018年に参加したイベントから特に印象に残った10個を選出しました。最近はマジで行きたいイベントにしか行っていないので、本当は20個くらい選びたい気持ちもあったりして今年は相当悩みました。なので、僕のことをよく知ってる人はあのイベント選ばなかったんだ…ってのもあるかもしれませんが、多分それは本当は僕としても選びたかったやつだと思います。

 

ちなみにコンテンツものとか、同じ演者が年内で違う公演やってるのとかは上げるのを1つに絞りました。じゃないと一生選べない気がしたので。

 

今年の参加イベント数としては108回(前年対比+11)って感じです。周りの知り合いはみんなして行くイベント減ってるとか言ってますが、僕自身は真剣に社会に適合できずにオタクコンテンツに逃げ込むのがかなり激しくなってしまっていて、その結果どんどん肉体の稼働が限界に近づいて来てる気がします。丸1日家にいた日が1日もなかった月が今年2回もあったのは流石にアホっぽいなって思いました。

 

あとはここ最近の傾向的に平日イベントがめちゃくちゃ増えてきてて、ほんとに行くこと自体のハードルが高いやつが増えたなという印象があります。そういうものを行かないようにできればどんなにいいことか、と思うこともありますが、そこまでして行きたいものに行けないとなんのために生きてるんだとなり結局行くことにしてしまうのでオタクはわがまま。

 

余談はこれくらいにして、時系列順に上げていこうと思います。個別記事を書いたのも結構あるので詳しくはそっちも読んでみてください。

 

2/4 TVアニメ『天使の3P!』SPECIAL LIVE~ファンとのくさび♪~
僕が原作からハマりにハマった天使の3P!最後の大きなイベントだったこのイベントはやっぱりめちゃめちゃ印象深かったですね。この段階で遠藤ゆりかさんの廃業が決まってたのも大きかったです。

konitan28.hatenablog.com

 

2/10 伊藤かな恵 LIVE TOUR 2018 "デアエタケシキ" 長野公演
ココロモヤルリズムの歌い方に全てをやられたのと、今でも精神安定剤として使わせてもらっている満員の電車が駅のホームに着くたび 「もう無理だ 」と思う パスケースとかいう神グッズに敬意を込めて選出しました。

konitan28.hatenablog.com

 

2/27、28 アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館!
今年のアイカツ関連はスターズのツアーとか、5周年イベントとかもあって本当に悩んだんですけど、やっぱり武道館が一番泣いたのでこれを選ぶしかないかなという感じです。

konitan28.hatenablog.com

konitan28.hatenablog.com

 

5/13 LAWSON presents 寿美菜子 Zepp Live Tour 2018 “emotion”
今年一番体を動かしたのがこのイベントでしたね。マジでセトリが殺人的だった…。

konitan28.hatenablog.com

 

6/9、10 ポッカサッポロ 富良野ラベンダーティー Presents YUI MAKINO LIVE『WILL you play with me?』
この先一生誰か一人のライブしか行けなくなるとしたら迷わず牧野由依さんを選ぶくらい彼女の作り出す音楽で満たされた空間が好きなので、喉を痛めたあとの復帰公演は本当に印象に残りました。普通にアイカツ武道館より泣いてる時間が長かったと思います。

konitan28.hatenablog.com

 

konitan28.hatenablog.com

 

10/14 日笠・日高のお日様ぐみ! トークイベント
RO-KYU-BU!のSHOOT!のダンスが2018年にもなって披露されるだけで神イベントなのに日高里菜ちゃんは可愛いしトークは面白いわでマジで最高のイベントって感じでした。

 

 

12/1 Yu Serizawa 24th Birthday Live~Serikollection~
アイドル声優芹澤優に一生頭が上がらない気がしたライブでした。

konitan28.hatenablog.com

 

12/9 み~んなでキラッとプリティーライブ2018

 2018年にもなってプリティーリズムのキャラソンが3曲も聞けた超絶神イベント。

konitan28.hatenablog.com

 

12/21 TVアニメ 魔法少女 俺 Blu-ray&DVD 4巻発売記念イベント

 生まれて初めてイベントの抽選会で当たったのが三澤紗千香さんのサインが入った台本でした。さらに今年3回しかなかった三澤紗千香さんの歌唱イベントの1つがこれなので選ばずにいられなかったです。


12/29 LAWSON premium event 戸松遥のMusic Rainbow 05

 選曲がやりたい放題すぎる。

konitan28.hatenablog.com

 

 

番外編 今年イベントで聞いてインパクトのあった10曲

上に書いたイベントのはそれを読んでください。その他はちょっとだけ触れようかなと思います。あとここには特に縛りは設けていません。

 

ココロモヤルリズム/伊藤かな恵

2/10 伊藤かな恵 LIVE TOUR 2018 "デアエタケシキ" 長野公演

 

MUSIC of DREAM!!! ~ゆめ ver.~/せな from AIKATSU☆STARS!

2/27、28 アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館!

 

バカだなぁ/大橋彩香

5/27大橋彩香Special Live 2018 ~ PROGRESS ~
大橋彩香さんの表現力はマジで凄かったですね。個別に感想書いてるのでそれもどうぞ。

konitan28.hatenablog.com

 

song for you/牧野由依

6/9、10 ポッカサッポロ 富良野ラベンダーティー Presents YUI MAKINO LIVE『WILL you play with me?』

 

 

 

Get Over Dress-code/DressingPafé (cv.山北早紀澁谷梓希若井友希)

9/29プリパラ&キラッとプリ☆チャンAUTUMN LIVE TOUR み~んなでアイドルやってみた! 東京 昼の部

映像が本当にエモすぎて号泣してしまった覚えがありますね。こちらも個別に感想を書いたのでどうぞ。

konitan28.hatenablog.com

 

死神/大森靖子

11/11超歌手 大森靖子「クソカワPARTY」 TOUR 長野公演
マジで死をすぐそこに感じるとんでもないパフォーマンスだった。個別記事を読んでください。

konitan28.hatenablog.com

 

最悪な日でもあなたが好き。/芹澤優

12/1 Yu Serizawa 24th Birthday Live~Serikollection~

 

Dream Gose On/セインツ

12/9 み~んなでキラッとプリティーライブ2018

 

猪突猛進爆進中!!/サクラバクシンオー (三澤紗千香)

12/15CygamesFes2018 1日目 ウマ娘プリティーダービーSPECIAL LIVE DAY1
今年3回しかなかった三澤紗千香さんの歌唱イベントのうちの一つ。そして残り一つのウマ娘のリリイベは落選してしまい行けなかったのでこれに行けていなかったらキャラソン一つ聞き逃していたことになっていたのでマジでありがたかったです。

 

Rebellion/戸松遥

12/29 LAWSON premium event 戸松遥のMusic Rainbow 05

 

 

 

10選にするとどうしても個人的に思い入れのあるものしか上がってこないので、ここで取り上げるとは全然できませんでしたが、今年は今まで行ったことなかった人の単独にいっぱい行けた一年だったので、本当に色々なパフォーマンスを見れた一年でした。来年もこんな感じで適度にヘラヘラしながら色んな人を見れたらいいなと思っています。

 

また、去年イベントをまとめた時は交通費云々って言った気がしますが、今年は休日出勤から退勤即新幹線で地方のイベント行ったり、マチアソビの1ステージのために飛行機使ったりしたのでマジでアホって感じでした。来年もすでにアホっぽい計画が立ってるところもあるのでこれに関してはもう諦めます。破産しない程度に行きたいイベントに俺は行く。

LAWSON premium event 戸松遥のMusic Rainbow 05 感想

だいたい2年に1回くらい年末に行われるミュージックレインの(スフィア組だけ)やりたい放題イベントMusic Rainbowの戸松さん回に参加しましたので感想を。今年は戸松さんだけの参加になってしまいました。ちなみに今回で5回目ということでずいぶん開催回数も増えてきましたね。MRがある年はだいたいMRがイベント納めになるんですが、今年も例によってこのイベントがイベント納めになりました。

 

スフィア組は毎回頭のおかしいセットリストを組むのでそれだけでも物凄く楽しみにしていたんですけど、家にチケットが配送されてて座席を確認したら

 

 年の瀬最後にとんでもねえ席を引いてしまった…。*1

 

下流れに沿って感想を書いていきます。

 

トークパート感想

まず30分ほどトークパートがあり、今年行われたツアーの最終公演の映像を流しながらコメンタリー的な感じのことをしてました。ちなみにコンセプトは忘年会ということで、居酒屋風のセットが真ん中に置いてあって、開幕で子供ビールを飲んでました。ここのところ戸松さんのオッサン化が凄いことになってる気がします。

 

ツアー最終公演の映像では、ステージから観客側にアングルを向けた映像や、七色みちしるべのサイリウム分け、舞台裏のちょっとしたメイキングなどが流れていて、ツアーファイナルに行けなかった僕としてはとてもありがたい映像になっていました。

 

ちなみに、ツアーの幕間映像で登場したサメ寿司が高垣彩陽さんの弟だということはツアー中に発表されていたんですけど、まさか映像の動きも自分でやってるとは思ってなくて、裏側の映像で自分で操作してるシーンが出てきた時はめちゃくちゃ驚いてしまいました。最終公演の替え歌も聴くことができたので今年の心残りだったものが一つ解消された感じがしましたが、一番長いこと推してる人の、デビュー10周年ツアーのファイナル公演に行けなかった事実を突きつけられてる気もして若干アレな感じはしました。*2

 

今回10周年のツアーがどの公演もパッケージ化されないということもあって、戸松さんが客と一緒に偉い人にメイキング映像だけでもどうにかしてくれとお願いするシーンはめちゃくちゃ面白かったですね。ちなみに七色みちしるべのサイリウム分け企画がギリギリでスタッフに伝わっていて、そのおかげで会場にカメラが用意されてたらしいので、本当にファンの想いが報われた公演だったんだなと思いました。

 

 イベ被りは悪!!!!!!!!!!!!!!

 

トークパートが終わったあとは抽選会。まあいつものごとく当たらなかったんですけど、プレゼント品が小さい鏡餅5個、小さい門松5個、手書きのドラゴンボール7個でめちゃくちゃ面白かったです。理由はドラゴンボール超にハマってるからとのことで、ラジオとか聞いてたら納得できる理由ではありますが、あまりにもドラゴンボール超好きすぎだろこいつとなりました。

 

 そして後半はライブパート。こちらはセトリに沿って感想を書いていきます。

 

セットリスト

01 さくらんぼ/大塚愛
02 笑顔に会いたい/濱田理恵 (ママレード・ボーイ OP)
03 君が好きだと叫びたい/BAAD (SLAM DUNK OP)
04 微笑みの爆弾/馬渡松子 (幽☆遊☆白書 OP)
05 Ubiquitous db -special ver-/結城明日奈(CV:戸松 遥)、綾野珪子(CV:日高里菜) (劇場版ソードアート・-オンライン オーディナル・スケール- 劇中歌)
06 最後のラブレター/ナギ  (かんなぎ 12巻 特典CD)
07 トリカゴ/XXme (ダーリン・イン・ザ・フランキス ED)
08 ダーリン/XXme (ダーリン・イン・ザ・フランキス ED)
09 Rebellion
10 オレンジレボリューション

 

ライブパート感想

01 さくらんぼ/大塚愛
まずはカバーコーナーから。というこでg92激エモJ-POPからの開始。戸松さんが学生時代カラオケでめちゃくちゃ歌ってたので選曲とのことですが、トップバッターに相応しいアンセムですね。一発で会場のテンションがとんでもないことになってました。

02 笑顔に会いたい/濱田理恵 (ママレード・ボーイ OP)
少女漫画枠のカバーからはママレード・ボーイの笑顔に会いたい。戸松と同世代にはわかりやすいカバーって感じですね。

03 君が好きだと叫びたい/BAAD (SLAM DUNK OP)
少年漫画カバー枠①。戸松さんはラジオでスラダンを熱く語ってることが結構多いので納得のカバーですね。MCで「今の若い子はバスケといえば黒子のバスケだろうけど、やっぱりスラダンでしょ」みたいなことを熱弁してましたが、お前はバスカッシュ!を思い出せと普通に思いました。

04 微笑みの爆弾/馬渡松子 (幽☆遊☆白書 OP)
少年漫画枠②。幽☆遊☆白書も死ぬほど好きって話をさんざんラジオでしてましたので、もはやわかってる人は始まる前から笑いだしてる感じでしたね。

 

セカンドショットフェスで2年連続MVPを取って家電商品を買いまくってる戸松さんが冷蔵庫に飛影、ルンバに戸愚呂弟ってつけてるのは本当に面白すぎるので、是非来年もセカンドショットフェスで優勝して枕を買って鞍馬とつけてほしいものです。

05 Ubiquitous db -special ver-/結城明日奈(CV:戸松 遥)、綾野珪子(CV:日高里菜) (劇場版ソードアート・-オンライン オーディナル・スケール- 劇中歌)
曲入る前に「カラオケは苦手だけど…ユナのためなら」ってセリフから始まって、その瞬間Ubiquitous dbを確信してマジでクソでかい声で叫んでしまった。曲単体でもめちゃくちゃ好きだけど、キャラverとして聞けたことがほんとに嬉しかったですね。

 

 選曲だけでも最強なのに、後ろから日高里菜ちゃんのコーラス聞こえてくるのマジでヤバすぎる。

06 最後のラブレター/ナギ  (かんなぎ 12巻 特典CD)
曲入る前のMCで、「次はアニメから10周年の作品です」って言ってて、これは絶チルかんなぎあたりか…?と思っていたんですけど、「最近収録した曲になるんですけど」って言った瞬間もうこれかんなぎ12巻についてきた最後のラブレターしかなくね…ってなり、「仁!そなたのために歌おうぞ!」ってセリフで完全に確信してまたクソでかい声で絶叫してしまいました。

 

戸松さんの初主役のかんなぎはアーティストデビュー「naissance」→かんなぎOP「motto☆派手にね!」→かんなぎED「産巣日の時」の三ヶ月連続リリースでも思い出深い作品だったので、最後のラブレターを歌ってくれたのは本当に嬉しかったです。

 

 

ちなみに最後のラブレターの作曲はmotto☆派手にね!や産巣日の時の作曲の神前暁さんなのですが、そのことにもMCで触れていてそれも嬉しかったですね。

 

 ちなみにハロー大豆の歌も選択肢として一応あったらしくてそれも歌えとなった。



07 トリカゴ/XXme (ダーリン・イン・ザ・フランキス ED)
この曲入る前に「最後のキャラソンは2曲歌いますって」言ってて、なおかつ「今年演じたもので、それこそ魂を削るように演じさせて頂きました」って言ってたのでダリフラの曲は確定だなーと思ったので勝利確定みたいな感じだったんですけど、トリカゴのイントロが聞こえてきた瞬間結局絶叫してしまいました。ダリフラ、アニメは大味に終わりましたが、曲は全て強かったので聞くことができて本当に良かったです。

08 ダーリン/XXme (ダーリン・イン・ザ・フランキス ED)

 まさか両方やるとは思わなかったよね。ゼロツーソロの「ひとり」も選択肢としてなかったわけではないけど、やっぱり選ぶならダーリンかなって思ったのは当たりましたね。大サビ前に突然出てくるトリカゴがあまりにも殺人的すぎる。

 

 蓮城寺べるエクリップスの曲歌ってたら5000兆点のイベントになってたので惜しかったですね(この2作品には1mmも触れられなかった)

 

まあそれだけダリフラが今年の中でも大きな役だったというのは納得がいくので、仕方ないといえば仕方ない感じもしますが。

09 Rebellion
ここまで散々やりたい放題やってきた戸松さんですが、いきなり「お気づきだろうか…ここまでで一度も披露されてない曲があることを…」って怪談調で言い出したのでそんな曲あったかな…と記憶を辿ってたんですけど、「パッケージ化もされてない、配信もしてない」とか言い出したのでRebellionの存在に思い当たってマジで絶叫してしまい、とうとう連番者にうるせえと言われてしまいました(どう考えても叫ぶなってほうが無理)

 

この曲、ブレス オブファイア 6ってソシャゲのタイアップ曲だったんですけど、前述の通り音源化が一切されていない上、配信元のゲームはサービス終了、プロモーションビデオも配信終了してるので現状聞く手段が一切ありません。そういう事情もあってキャラソン1枠なくなったとしてもこの曲ならマジで許せてしまう選曲でしたね。この曲マジで強いので音源化してほしすぎる…と思っていたら再び戸松さんと客が一体となって偉い人にお願いするターンになってめっちゃ面白かったです。


10 オレンジレボリューション

 戸松遥さんが5mの距離に1分以上いて目の前で踊ってた光景が今でも信じられねえ。

 

やっぱりこうやってオレンジレボリューションが最後を締める盛り上がり曲としての枠をツアーで勝ち取ったのは本当に嬉しいですね。ライブで振りコピしてるのも飛ぶのも楽しいので、これからもバンバン披露してほしいところです。

 

今年は戸松さんのデビュー10周年ということで色々と期待していた部分はあったんですけど、蓋を開けてみればアルバム1枚とCD1枚出たのは良かったもののツアーは東名阪のみ、しかもパッケージ化しないってこともあってなんだかなあと思ってしまった部分もあったんですけど、最後の最後は本当に楽しいイベントで、しかもとんでもない良い席で締めることができて本当に良かったです。来年というか二ヶ月後にはスフィアが10周年で復活するので、久々にスフィアとして歌う戸松さんが見れるのが楽しみです。

 

*1:中野サンプラザ0列表記はオーケストラピットの可動席で、実質三列目までに当たります

*2:アイカツ5周年イベントが被っていて、そちらに行くことを選択してしまったので自己責任といえば自己責任です